キウイに塩が最強風邪メシ!12/9バイキングひるたつの風邪の時に食べて良いメシ悪いメシまとめ

この記事の所要時間: 513

キウイ

2015年12月9日のバイキング「ひるたつ」のテーマは「風邪の時に食べて良いメシ悪いメシ」です。

風邪に良いと思って食べたものが、実は返って体に悪いというケースがあるのだそう。

解説は、臨床栄養実践協会理事長である足立香代子先生。栄養のスペシャリストだそうです。



ゲストの風邪メシランキング


MC、ゲストの方たちが風邪の時に食べるものをまずは採点されていました。


スポンサーリンク



第8位:野菜の天麩羅玉子とじ丼


先生曰く「最悪」とのこと。

その理由は、天ぷら油は消化吸収に時間がかかるため。いもやかぼちゃなどの野菜は良いものの、揚げるのがよくないとのことでした。

丼の場合、うなぎの玉子とじ丼が最強とのこと。うなぎのビタミンDとEPAが免疫力をUPしてくれます。



第7位:鍋焼きうどん


やはり良くないのが天ぷら。よく入ってますね。

ですが、天ぷらがない場合の鍋焼きうどんはすごく良いとのこと。

ダシから塩分、たまごや野菜からビタミンが摂れ、栄養素的には最高です。



第6位:白米


白米だけを食べるのもすごい話ですね。

白米は消化によく、それ自体に悪いことはないですが、風邪を積極的に治そうという場合、良くもないということでこの順位。

卵や納豆を一緒に食べればよいそうです。納豆は消化がよく、免疫力を活性化させてくれます。

チアシードの回にありました。納豆菌が乳酸菌の働きを助けて腸内環境がよくなるため免疫力が高くなるとのこと。

そのまま食べたらダメ!11/27バイキングひるたつのチアシードまとめ


第5位:フリーズドライのかぼちゃスープ


フリーズドライでも栄養は残るため良いそうです。ただし、かぼちゃだけでの栄養素は風邪を治す、という観点からは不十分ということでこの順位です。

これにプラスするなら、牛乳やチーズを加えると良いそうです。牛乳にはビタミンDがあり、また発酵食品であるチーズも免疫細胞活性効果が期待できるそうです。


第4位:梅干しがゆ


風邪をひくと、汗で塩分と水分が逃げてしまいます。それを梅干しの塩分、おかゆの水分で補給する、というのは非常に理にかなってはいます。

ただし「補給」というだけで、風邪を治すという積極的な効果は期待できないとのこと。


第3位:卵がゆ


卵は体力を回復させてくれ、免疫力を高めてくれます。その点で梅干しがゆより良いそうです。

さらに、4位の梅干しがゆに卵を加えればもっと良くなる、ということだそう。

そして缶詰のホタテやカニを入れると、魚介類に多く含まれる亜鉛が免疫力を高めてくれてさらに良いとか。


第2位:食べる唐からし


唐辛子のカプサイシンは発汗作用があり、また、ビタミンEとβカロテンが野菜の中で断トツに多く含まれています。これが免疫力を活性化するので良いとのこと。

ただし刺激物で胃腸に負担をかけるため、辛いのが苦手な人は避けたほうが無難。

一緒に摂るなら納豆や味噌汁・豚汁などに。どちらも免疫力を高めてくれるので相乗効果が期待できます。


第1位:ステーキ


非常に意外なものが1位に。

肉はタンパク質が豊富。そして牛肉は肉の中で亜鉛が断トツに多く、免疫力No1のお肉です。


ですが脂が多いですよね。天ぷら油はダメで牛肉の脂は良いのでしょうか?

先生によれば牛肉の油はバターに近く、消化しやすい脂。なので良いそうです。

先生オススメの部位はヒレ。胃にもたれにくいようです。



この風邪メシは良い?悪い?


にんにく料理は風邪に良い?悪い?


A.悪い


精がついて良さそうなにんにく。なぜダメなのでしょう?

にんにくそのものには抗菌作用があり、あの特有の匂いの成分アリシンがビタミンB1の吸収を良くしてくれます。おまけに火を通しても壊れにくいという性質も。

ですが食べ過ぎると胃を荒らし、下痢など腹痛の原因になってしまいます。つまり量が問題


にんにくは食べ過ぎないこと。せいぜい1欠片まで。


スポンサーリンク



フレンチトーストは風邪に良い?悪い?


A.良い


フレンチトーストに使う、卵・牛乳・バター。これらすべてが風邪に対して有効とのこと。また砂糖もエネルギー源になってくれるそうです。


風邪に良い食べ物・悪い食べ物


よい食べ物
  • ショウガ
  • ネギ
  • 大根
  • バナナ
  • 卵酒

悪い食べ物
  • ごぼう
  • たけのこ
  • 炭酸飲料
  • 生魚

これらに詳しい説明はありませんでした。

卵酒については、お酒を飛ばしているからOKなだけで、風邪の時に飲んで良いお酒は無いそうです。


先生が食べている最強風邪メシ



キウイに塩をかけて食べる


非常に意外な食べ方ですが、坂上忍さんによれば合うそうです。スイカに塩みたいなものだとか。デヴィ夫人もおいしいと言っていました。

キウイはカリウムが豊富で、塩で食べると点滴と同じ効果があるそう。さらにビタインCで疲労回復効果も。

1日2個食べるのが目安だそうです。


まとめ


  • ゲストの風邪メシは1位:ステーキ、2位:食べる唐からし、3位:卵がゆ
  • 天ぷら油は消化吸収に時間がかかるため風邪の時はNG。
  • おかゆには卵・梅干し・魚介類を入れるのが良い。
  • 唐辛子は風邪に良いが普段食べてない人は避けたほうが無難。
  • にんにくは食べ過ぎはNG。1欠片まで。
  • フレンチトーストは風邪に良い。
  • 先生が実践する最強風邪メシはキウイに塩をかけて食べる。1日2個。

キウイに塩っておいしいんですね。今度風邪を引いたら食べてみましょう。

まあ私はヤクルトで腸内環境を整えてるので引かない自信がありますが(^^


Sponsored Link
免疫力強化で風邪を予防するサプリメント



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ