ソファーには近づくな!?12/15バイキングひるたつの正しい座り方まとめ

この記事の所要時間: 51

ソファー


今日のバイキング「ひるたつ」のテーマは「正しい座り方」でした。

日本の座り時間は7時間と実は世界一。一方人体は座るようには出来ておらず「座る行為」は体に良くないそうです。

そこで正しい座り方を実践して、冷え性・肥満・病気などの予防しましょうとは、解説の日本姿勢教育協会理事の碓田拓磨先生。

早速行きましょう。



タバコに匹敵!1時間以上座ることのリスク


1時間座ると下半身に血流を循環させる機能が50%低下。

1時間座った状態を続けるごとに寿命が22分ずつ縮まる。

健康被害はタバコに匹敵すると言われている。

とのこと。驚きですね・・・。そして番組は先生のレクチャーに進みます。


スポンサーリンク



心筋梗塞・腰痛になりやすい座り方


足を組んで座る


ついついしてしまうこの行動。良くないともよく聞きますよね。


足の付根に大腿動脈という太い血管があります。足を組むとその大腿動脈が圧迫され血圧が上昇、心筋梗塞リスク上昇に繋がるわけです。

そして、足を組むことで骨盤や背骨が左右に傾いてしまい、腰痛が引き起こされることがあります。


ですが人の体は同じ姿勢を続けることも良くありません。なので寝ている時に無意識に寝返りをうつなどします。

足を組む、組み替えるといった行動自体は、同じ姿勢を続けることをやめる、崩すことにはなるので悪くは無いそう。

ですが足を組むのは前述したようにデメリットがありますので、先生は代わりに



1時間毎におしりを左右交互に持ち上げる。



ことを提案されていました。


肩こり・便秘・胃腸障害になりやすい座り方


背もたれにより掛かる姿勢


椅子に浅く座り、背もたれと腰の間に隙間ができた状態で背中だけ背もたれにより掛かる姿勢です。これもありがち。

この時背骨が前に曲がった状態になり、必然的に首も前に倒した状態に。要は猫背のような状態。これが肩こりの原因になるそう。


さらに、背骨が曲がった状態だと背骨の前に当然ある内臓が圧迫されます。それが胃腸障害を引き起こすそうです。


1番体に良い椅子の座り方


  1. 立った状態で背骨のS字カーブを意識します。
  2. 背骨を意識したまま椅子に腰を下ろし、立ったときの背骨の状態を椅子の上で再現します。
  3. このとき背もたれは使わず、自分でバランスを取って座ります。


チェックポイントが3つあり、

  1. 足の裏を全て地面につけていること。膝は90度になっているのが理想だそう。
  2. 耳と肩が一直線上に並んでいること。
  3. 坐骨だけで体を支えること。

坐骨の見つけ方は、手を上に伸ばし、そのままおしりの方に持って行くとゴツゴツした骨に当たるそうです。それが坐骨。


今これを書きながらやっていますがやはり結構しんどいですね(^^;

「姿勢の良い人は悪い座り方がしんどいと言う」とは小籔さん談。その言葉を信じて習慣化しましょうか。


スポンサーリンク



正しい姿勢の取れる椅子


飛行機や新幹線などに見られるリクライニングシート

これを倒さない時の背もたれの角度が90度で理想的なのだそう。



畳の座り方で病気になりやすいのは座椅子を使って足を伸ばす座り方?座布団の上にあぐらで座る座り方?


A.座椅子を使って足を伸ばす座り方


この座り方は人体の構造上、骨盤が後ろに傾きやすくなり、背もたれに寄りかかって座る座り方と同じになってしまいう。というのがその理由。


ただしあぐらも、普通に座るとついつい猫背になりがち。そこで先生がオススメするのが、



座布団の端に座る



こと。普通にあぐらをかくと膝が高くなり、骨盤が寝て背骨の曲がった悪い姿勢になります。

そこで座布団の端に座っておしりの高さを上げてやると、骨盤が立ちます。この時、膝の高さも低くなっています。当然背骨もまっすぐに。

今やってみましたが、普通にあぐらをかくより楽に背骨をまっすぐにできますね。これはいいです(^^


また正座ですが、先生によれば1番骨盤が立ち、良い姿勢になる座り方だそう。

あぐらと正座を交互にやるなどすると良いそうです。



肌荒れ・むくみ・冷え性になりやすい座り方


ソファーに30分以上座ること


「健康のことを考えるならソファーに近づくな!」という先生も居るとか。


ソファーは柔らかいため、おしりが深く沈み込んでしまいます。そのため姿勢はひどく背骨の曲がった座り方になります。

またはまり込んでいるため姿勢も変えづらく、同じ姿勢を長時間していまいます。

その結果様々な症状の原因になるとか。


ソファーに座るなら30分座ってリラックスしたら体勢を替える、立ち上がるなどすればよいそうです。


まとめ


  • 1時間以上座ることの健康被害はタバコに匹敵するとも。
  • 椅子に足を組んで座っていると心筋梗塞・腰痛になりやすい。
  • 椅子の背もたれにより掛かる座り方は肩こり・便秘・胃腸障害になりやすい。
  • 正しい座り方は「立ち座」。立った時の背骨の状態を維持したまま座る座り方。
  • 和室で座椅子を使って足を伸ばす座り方は、背もたれにより掛かる座り方と同じこと。
  • あぐらは良い。座布団の端に座ると良い姿勢のあぐらがかきやすくなる。
  • 正座は実はもっとも姿勢の良い座り方。
  • ソファーに30分以上座ると肌荒れ・むくみ・冷え性になりやすい。
  • 「健康のことを考えるならソファーに近づくな!」と言う先生も居るらしい。

ソファーってそんなに良くないんですね。

うちにはソファーが無いので胸をなでおろしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ