テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』の「名医が作った厳選インフルエンザ検定」まとめその3

この記事の所要時間: 56

薬

2016年1月5日のテレビ朝日『林修の今でしょ!講座』のテーマの1つが「名医が作った厳選インフルエンザ検定」のまとめその2です。

その3はインフルエンザ「予防法」編後編です。


その1はこちら⇛テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』の「名医が作った厳選インフルエンザ検定」まとめその1


「あいうべ体操」で期待できる効果は?


A.口呼吸するクセのある人が鼻呼吸になる


あいうべ体操を考案した、みらいクリニック 今井一彰院長によれば、

学級閉鎖まで起こしていた学校が、あいうべ体操を取り入れてから1回も学級閉鎖を起こさない学校もあるとか。

先生の解説によると、口の周りを動かすと、そのあたりの形が変わります。最近の子供はあまり固いものを噛まないようになりました。その影響か、口を開けていることが多いそうです。つまり口呼吸。

あいうべ体操は、口呼吸傾向のある子どもを鼻呼吸に導くものなのですね。


スポンサーリンク



口呼吸のデメリット


乾燥した冷たい空気が直接肺に入りやすいため、

体温が下がる

血の巡りが悪くなる

臓器の働きが低下する

免疫力が低下する

以上により、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうわけですね。


鼻呼吸のメリット


鼻の中は副鼻腔など、入り組んだ構造になっています。そのため、加湿・加温することができます。

口呼吸だと空気を直接取り込んでしまいます。もちろん、空気中の雑菌やウイルスもそのまま取り込んでしまいます。

鼻呼吸だとこれら外敵を鼻水などでブロックすることが出来ます。

こういう利点があるわけですね。


あいうべ体操のポイント


  1. 「あー」と口を大きく開く
  2. 「いー」と口を大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を前に突き出す
  4. 「べー」と舌を思い切り突き出して下に伸ばす


オーバーアクションでやるのが良いようです。

この体操で、口を閉じるために必要な、咀嚼筋・口輪筋・舌筋などを鍛えることができるそうです。



朝起きてすぐやると予防効果が期待できるのは?


A.歯磨き


高齢者の方を対象に行なった実験があるそうですが、

高齢者の方に口腔ケア(はみがき)をしっかりやった患者さんと、あまりやっていない患者さんを比較した時、


口腔ケアをやった方が、インフルエンザの発症が明らかに抑えられた(10分の1)


というデータがあるそうです。


寝ている間には唾液が減り、バイキンが増えている状態になります。

そして口に居るバイキンが出す酵素は粘膜を傷つけてしまうのだそうです。そして傷ついた粘膜にはウイルスが付着しやすくなってしまいます。

なのでそれを防ぐために朝起きて歯磨きをするのが効果的なのだとか。


フジテレビのバイキングでは、羽田圭介さんが朝水を飲む習慣に対し、医師が先ずうがいをするように勧めていました。朝起きた口の中は大便10g分の雑菌があるそうですよ。

寝る前の食事はなぜ太る?バイキングで放送された人気芸能人の年末年始不健康習慣チェックまとめ



インフルエンザ予防の期待ができるガム。ガムの何が良いのか?


A.たくさん噛むことで唾液が出るから


たくさん噛んで唾液がたくさん出ると、ウイルスを洗い流すことができます。口の中に入ってきたウイルスを唾液で絡め取るためです。

唾液は少しネバついていますが、これが絡めとってくれるのだとか。

そして唾液を飲み込むと、ウイルスは胃にたどり着きます。そして胃酸により死んでしまいます。

また、唾液自体にもリパーゼなど殺菌・抗菌作用がある物質が様々に含まれています。

噛んで唾液を出すことが重要ですので、ガムの種類はなんでも良いということになります。好きなガムを噛みましょう。



インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる食べ物は?


A.梅干し


和歌山県立医科大学が行った研究で明らかになったそうです。その内容は、


  1. インフルエンザウイルスを細胞に感染させる
  2. 梅干しの成分を加えたものと加えなかったものを比較する

というもの。そうすると、梅を入れるとインフルエンザウイルスが増えないのだそう。

梅干しを付けた時にできる梅酢。これに含まれるエポキシリオニレシノール(梅酢ポリフェノール)という成分がウイルスの増殖を抑えたり感染力低下させたりする効果があると考えられているそうです。

将来的にこの成分を使った安全な消毒薬やうがい薬の開発が期待されるそうですよ。

まだ研究段階なものの、梅干しを毎日食べることで予防効果が期待できるそうです。

さらにオススメなのが、お茶に梅を沈めた梅干し茶。梅酢ポリフェノールとカテキンの相乗効果が期待できるそうです。


スポンサーリンク



電車の中でインフルエンザにかかりにくい場所は?


A.ドア(出入り口)近く


前述したように、インフルエンザは2m以内に近づくと感染の危険性が高まります。ですので人のほうを向かない、窓側を向くことが大事。

さらに駅に着くたびドアが開いて空気の入れ替えがされることも理由の1つ。

これを応用して、外食時には窓に向かう席を選ぶなどすれば感染のリスクを減らせるとのことでした。


まとめ


  • 「あいうべ体操」は口呼吸するクセのある人が鼻呼吸になる
  • 朝起きてすぐ歯磨きをすると予防効果が期待できる
  • ガムを噛むと唾液が出るためインフルエンザ予防が期待できる
  • インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる食べ物は梅干し
  • 電車の中でインフルエンザにかかりにくい場所は出入り口近く

知ってる事実も知らない事実もあり、とても勉強になりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ