「SMAPは分裂、解散」を明言した日刊スポーツへのインタビュー。フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』のSMAP解散ニュースまとめ

この記事の所要時間: 342

2016年1月14日になってもSMAP解散の激震は続いています。

フジテレビの『直撃LIVE グッディ!』ではこのニュースについて各新聞を紹介していました。

サンケイスポーツでは、木村拓哉さんが事務所に残留することについて、妻工藤静香さんが「子供のことも考えて残って欲しい」と説得し決断したとのことを掲載。

日刊スポーツでは「戻りたいでも戻れない」と、独立を検討した4人がジャニーズ事務所へ戻る意向を示しても、事務所の側がそれを認めるつもりがない、という内容を掲載。

番組内で紹介されていた部分を引用します。

4人は独立を決意後、思い直して事務所にとどまろうとする動きも見せたが、事務所側は受け入れない姿勢をみせている。木村拓哉は残留する意思を固めており、解散は避けられない事態となっている。


日刊スポーツは昨日の新聞でも同じ内容を掲載、他紙が戻るかもしれないという論調もある中、解散を明言するこの新聞社に対し番組内でインタビューをしていました。

インタビューの相手は、日刊スポーツの社会文化部長クガサトル(読み上げで漢字が表示されないためカタカナで書いています)さん。


スポンサーリンク



クガさんインタビュー


内容はブログ主が多少意訳しています。

Q.やはり解散は避けられないとくくっていますが?


A.私達の取材では、解散は避けられないという結論に達しています。


Q.各紙によって論調は様々で「元に戻る」という論調もありますが?


A.これは各社さんそれぞれ取材してますので、各紙の内容があるかと思いますが、うちはこういう取材を進めていった結果、そのなかで解散は避けられませんよ、という結論です。


Q.解散はさけられないということは『SMAP』は無くなるということですか?


A.本当にその通り、心配なところだとは思いますが、『SMAP』は無くなるという結論ですね。


Q.「戻りたくても戻れない」という最大の理由は何でしょうか?


A.やはり彼らも一度は退社を決意されたわけですから、一度決めたのだったらその道を進みなさい、ということだと思います。


Q.やはり一度反旗を翻した者を、早々簡単には「もう一度いらっしゃい」って受け入れられないということですか?


A.彼らが反旗を翻したのかどうかは捉え方次第だと思うけれど、自分たちがそういう道を選んだという風に前向きに行きなさいと、ジャニーズ事務所は自分たちのところを選んでくれた人たちと一緒にこれからも活動をつづけていきますよ、という事務所ですからやはり、他のグループの人達への「しめし」のためにも出て行くなら出て行きなさい、ということになったのだと思います。


Q.女性チーフマネージャーが芸能界から身を引けば、4人が戻ることを了承するという話もありますが?


A.今のところそうなったとしても、事務所としては受け入れないのではないだろうか?という結論ですね。


スポンサーリンク



Q.5人で活動するということは今後ありえない?


A.そうです、ないですね。


Q.解散ということになる?


A.もう解散、そもそも分裂ということが出てきた時点で解散と同じことですから、所属が違う者同士が組むというのはやはり芸能界、ひいてはジャニーズ事務所ではありえない話なので・・・


Q.結論はいつごろ出ますか?


A.それは私達も知りたいです。結論がいつ出るのかを今取材しているところです。


インタビューを聞いてのブログ主の感想


日刊スポーツさんがどういう情報を得てこの結論に達したのかは分かりません。

しかし元SMAPメンバーの森くんが独立した後は、過去のVTRからも編集で完全に居ないことにされていましたし、ジャニーズ事務所はこういうことには厳しい事務所なのだろうな、という印象です。

ですので4人が一時期でも干されてしまう可能性があることは否定出来ないだろうなと思います。もちろん解散した場合ですが・・・

しかし現状SMAPのメンバーの誰かしらが番組、CMその他で見ない日は無いというくらいなので、これが消えていなくなるというのは信じられない思いはあります。

今後も追っていきたいニュースになると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ