分裂か、残留か。TBS『サンデー・ジャポン』で放送されたSMAP解散騒動の時系列まとめのまとめ

この記事の所要時間: 613

2016年1月17日に放送されたTBS『サンデー・ジャポン』でSMAP解散報道の流れを追っていました。

内容はこの報道をしたスポーツ新聞の内容を時系列で追っていくというもの。

同じように時系列でまとめていきます。


1月13日(水)


報道の発端 – 日刊スポーツ


SMAPを長年にわたり担当した女性チーフマネージャーがすでにジャニーズ事務所を退社する意思を固めている。

その動きに合わせ、メンバーは去年(2015年)の8月頃から何度も話し合いを重ね決断。

その結果、中居正広さん、香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんは女性マネージャーに追随、ジャニーズ事務所からの独立を決意。

木村拓哉さんは「今自分があるのはジャニーズ事務所のおかげ」と、事務所に残ることを決めた。

これにより事実上SMAPは解散と報じられました。


スポンサーリンク



1月14日(木)


木村拓哉さん残留の理由 – サンケイスポーツ


木村さんが残留を決断した裏には、妻で歌手の工藤静香さんの存在があるとのこと。

2人は2000年に結婚。その際に過剰な報道にならないように守ってくれたジャニーズ事務所に恩義を感じており、工藤さんが木村さんを説得したといいます。


紅白歌合戦が決定打!? – スポーツニッポン


SMAP解散の決定打となったのは、昨年末の”紅白歌合戦”と報じたとのこと。

記事によると、女性マネージャーがNHKに対し、SMAPが紅白歌合戦の司会をできないかと打診。この時女性マネージャーはジャニーズ事務所の社長らに確認せず、独断で動いていたとのこと。

それにより事務所との間に亀裂がはいったといいます。


紅白歌合戦ですでに兆候 – サンケイスポーツ


去年の紅白歌合戦ですでに解散の兆候があったとのこと。リハーサルで木村さんと他のメンバーは目を合わせず、溝があったと報じています。



4人が謝罪の可能性 – 日刊スポーツ


「周囲の声に撤回の動き・・・ジャニーズ事務所認めず 「戻りたい」でも戻れない」との見出し。

退社の意向を伝えた4人が思い直し、事務所にとどまるため謝罪する可能性があるとのこと。

しかしジャニーズ事務所といえば、これまで独立したタレントに対して「去る者は追わず」という美学を貫いており、それは今回のSMAPメンバー4人に対しても同様で、事務所側は4人を認めることはなく、受け入れるつもりもないようだと報じています。


『白熱ライブ ビビット』MCの国分太一さんコメント


14日の放送でコメント。

「やはり僕もスポーツ紙で知ることが多かったり、一般紙を読んで知る状況なので、今自分が何を語っていいか正直わからない状態です。

僕自身もちょっともやもやしている部分もあったり、僕もアーティスト、SMAPも偉大な先輩です。

なのでその先輩のコメントを待ってから自分も自分の言葉でなにか伝えられたらなと思っています」と心境を明かしていました。



1月15日(金)


中居さんメールで心境を明かす – スポーツニッポン


独立=SMAP解散という当たり前の事実に中居さんがようやく気づいたそうで、芸能界の親しい友人にメールで心境を明かしたそうです。

「SMAPをやめたくない、これからは命を懸けてSMAPを守る」と深い後悔をにじませているとのこと。


中居さんが退社の意思を固めた – 日刊スポーツ


「中居 キムタクと決別」との見出し。

中居さんらメンバー4人が再びジャニーズ事務所にとどまりたいと翻意していたものの、事務所からは受け入れてもらえず。

中居さんが改めて退社の意思を固めた。と報じました。




1月16日(土)


木村拓哉さんが思いを語った – 東京中日スポーツ


木村拓哉さんが自身のラジオ番組で今の思いを語ったとのこと。内容は以下。

「今週、いろんなニュース、報道が出まして何かとお騒がせしていますが、ちゃんといつか自分の言葉で話せる時が来たらお話させていただきたいと思います」



今回の報道に関する連載を開始 – 東京スポーツ


『崩壊SMAP25年目の真実』という連載をスタートしたそうです。

1回目は、事務所残留を決めた木村拓哉さんと独立を決めた4人の間で修復不可能な”冷戦”が起きていたというもの。


1月17日(日)


明石家さんまさんは感づいていた – サンケイスポーツ


「さんま知っていた」との見出し。

明石家さんまさんはMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演の折、「まだ結論はどうなるかは知らない」と前置きした上で、SMAPの変化と異様な雰囲気を感じていたと明かしたそうです。

番組でラインが引っ張ってあった場所を引用します。

「やりにくかった。放送局は事情を知っていたのか、企画がゆるかった」と暴露。例年ならひっきりなしに話すトークが盛り上がらなかったという。

「早く終わってほしかった」とボヤキながら、「メンバーは頑張ろうとするけど楽屋の空気もあるし・・・。薄々事情は知っていたから”仲良くしろよ”と思った」

収録終了間際には「また来年」と声をかけたが、木村拓哉(43)が「あんのかな」とつぶやいたため焦ったことも明かした。



スポンサーリンク



女性マネ引退で分裂回避 – スポーツニッポン


「女性マネ芸能界引退 SMAP分裂回避」という見出し。

そんな騒動を起こした責任をとって、女性マネジャーは「今月いっぱいで退社する」と早期の退社を決断。芸能界から完全にさる意思も固めた。という報道。


中居さん「踏ん張る年」 – 日刊スポーツ


解散報道後初めて放送されたラジオ番組で意味深な決意をしたと報道。引用します。


収録は昨年12月下旬に行われたといい、その後差し替えなどもしていないという。

すでに中居らメンバー4人が独立をジャニーズ事務所に対し表明していた時期だ。番組内では、リスナーから2016年の公約を問われた。

中居は「今年は・・・踏ん張る!今年は踏ん張る年にします。踏ん張る。ワサワサせずに、じっとこらえ、踏ん張る年にします」と繰り返し、

まるで今年が苦難の歳になることを予期しているかのような発言だった。




報道後初めて対面 – スポーツ報知


来週行われる『SMAP×SMAP』の収録で、報道後はじめて5人が対面すると報じました。


政財界が分裂回避を働きかける!? – デイリースポーツ


「SMAP分裂回避へ政財界動く」という見出しのみ表示。



余談ですがスタジオで爆笑問題の太田さんが「僕達が事務所を出た時は誰も騒いでくれなかった」と笑いを取っていました(^^;



うーん、まだまだ情報が錯綜しているという印象ですね。


SMAP解散を一貫して報じている日刊スポーツにインタビューをしていた番組のまとめがあります。良ければどうぞ。

「SMAPは分裂、解散」を明言した日刊スポーツへのインタビュー。フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』のSMAP解散ニュースまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ