女の子座りで歩きにくい骨格に!?テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』で放送された座り方講座その2

この記事の所要時間: 349

座る女性

2016年2月2日のテレビ朝日『林修の今でしょ!講座』の1つが「冬の朝×医学」でした。もう1つが「間違えると怖い座り方講座」です。

こちらは「間違えると怖い座り方講座」のその2です。良くない座り方のワースト5位までランキング。第3位~第1位です。


その1⇛前かがみで座ると椎間板ヘルニアの可能性が。テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』で放送された座り方講座その1

冬の朝医学編⇛卵かけご飯と鮭味噌汁が冬の最適朝ごはん。テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』で放送された「冬の朝×医学」まとめ


実は怖い座り方ワースト3位 – 背もたれに深く寄りかかる


背もたれに深く寄りかかると、逆流動性食道炎のリスクが高まる可能性が。

逆流動性食道炎とは、胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つける病気。最悪の場合、食道がんを引き起こす可能性もあるとか。

この座り方が何故良くないのか。ポイントは骨盤の傾きだそう。

正しい座り方は坐骨で座ること。そうすると脊椎(せきつい)は伸びています。

ですが背もたれに深く寄りかかる座り方は、坐骨の上にある仙骨で座っている状態。そうなると背骨のカーブが乱れてしまいます。

そしてこの姿勢はおへそが折れている状態。内臓が上がり胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなって逆流動性食道炎に繋がるのだとか。


スポンサーリンク



実は怖い座り方ワースト2位 – 割座(わりざ、女の子座りのこと)


股関節などが柔らかい女の子がし易い座り方。ですが割座は歩きにくい骨格になる可能性が。

この座り方は太ももとヒザを内側に捻って座らないとできない座り方。

このまま成長すると、股関節にある大腿骨という太もも部分の骨が内側に捻れて育ち、歩きにく骨格になる危険があるそうです。

この女の子座り、出来なくても全く問題ないそうです。渡辺えりさんはやりたいそうですが(^^;

なるべくしないで欲しい姿勢」とのことでした。


実は怖い座り方ワースト1位 – ひじをついて座る


ひじをついて座ると、側弯(そくわん)症のリスクが高まる可能性が。

側弯症とは、背骨が左右や立体的に曲がってしまう病気。番組のレントゲン写真は「ここまで曲がるの?」というくらい強烈でした。

症状が進行すると、心臓や肺が圧迫され、心肺機能を低下させる危険があるそうです。


ひじをつく座り方をすると、脊椎が左右に曲がるだけでなく、ひねりの動作も加わり、左右非対称の体勢になります。

この姿勢は左右の筋肉のバランスが悪くなって背骨がゆがんできます。

成長期のお子さんだと側弯症になることもあり、それが進行すれば内蔵や肺を圧迫してしまうことになります。

パソコンのマウスを操作している時にもなりがちな姿勢とのことなので、長時間しないようにしましょうということでした。


スポンサーリンク



脊椎のズレや歪みをリセットするカンタン体操


どちらも脇腹の筋肉を伸ばす体操です。

  1. イスに坐骨で座り、片方の手を真上にあげます。
  2. お尻を下げる感じで体を横に曲げます。ラジオ体操第一の「体を横に曲げる運動」の要領です。


  1. 手の平を前で合わせて、膝の外側に置きます。右の場合、右膝の外側に合わせた両手を付ける感じです。必然的に前かがみになります。
  2. このまま外側の手をあげ、脇腹を伸ばします。右側なら右手をあげ、左手は置いた位置のままです。視線は上げた手先を見るようにします。
  3. 反対側も同じように行います。

長時間座るときは、90分おきにやると、リフレッシュ効果も高いのでオススメだそうです。


まとめ


  • 背もたれに深く寄りかかると、逆流動性食道炎のリスクが高まる可能性がある。
  • 割座(女の子座り)は歩きにくい骨格になる可能性がある。
  • 割座は出来なくても問題ない。むしろしない方が良い姿勢。
  • ひじをついて座ると、側弯(そくわん)症のリスクが高まる可能性がある。
  • 脊椎のズレや歪みをリセットするカンタン体操は、90沖にやるとリフレッシュ効果もあるため先生オススメ。

これでテレビ朝日『林修の今でしょ!講座』はおわりです。お疲れ様でした。

フジテレビ『バイキング』の座り方回も良ければどうぞ。

ソファーには近づくな!?12/15バイキングひるたつの正しい座り方まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ