鼻血でティッシュを詰めるのはダメ!TBSの『駆け込みドクター!健康常識のウソホントSP』の内容まとめその1

この記事の所要時間: 517

鼻血

2016年2月7日にTBSにて『駆け込みドクター!健康常識のウソホントSP』が放送されました。

一般的に信じられている健康常識のうち、間違っているものを信じている人が多い順にランキング。全部で20個という内容です。

番組と同様、20位からのまとめになります。%は信じている人の割合です。

こちらはその1で、20位~16位になります。


20位:ゼロカロリーの食品は太らない 25%


0カロリーの食品とは100mlあたりのエネルギーが5キロカロリー未満のこと。同様に、糖類ゼロとは、100mlあたりの糖類が0.5g未満のもの。


人工甘味料スクラロース


この5キロカロリー、0.5gに含まれるものが、スクラロースという人工甘味料。

スクラロースは一般的に使われる砂糖からできています。甘さは砂糖の約600倍。

これは体内で代謝されず排泄されます。なので太りません。


スポンサーリンク



人工甘味料で太る理由


循環器科の池谷敏郎先生によれば、強い甘みのある人工甘味料を摂っていると、脳が刺激されて習慣的により甘いモノが欲しくなってしまいます。

すると結果的に摂り過ぎてしまって、肥満になってしまったり、2型糖尿病を悪化させる危険性があるとのこと。

テキサス大学での調査では、人工甘味料を摂っている人は摂らない人よりも・・・

メタボになるリスクが3割以上、2型糖尿病のリスクが6割以上高いという結果があるそうです。


ただしゼロカロリーそのものは全く問題ないそう。血糖値が高い人は血糖が上がりにくいという利点もあります。

上手に使えばダイエットの強い味方になるそうです。


19位:風邪を引いたらお風呂に入ってはいけない 27%


森田豊先生によれば、お風呂に入っても基本的には問題ないとのこと。

昔のお風呂は離れた場所にある家庭が多く、湯冷めを防ぐため、入浴を止められたことがこの健康常識の始まりだとか。

細菌は風邪を引いた人がお風呂に入った場合と入らなかった場合で治る期間に差がなかったという報告があったそうです。

ただし、非常にお感がするなど、高熱などの場合は、湯船には浸からないか、シャワーで済ますのが良いそうです。


汗をかくのは間違い?10月30日放送バイキングで紹介された最新風邪対処法と予防法

18位:食後すぐに歯磨きをしないといけない 30%


人によっては食後すぐに磨かない方が良いとのこと。それは、普段レモンなど柑橘系など酸っぱいものを好む人。また炭酸ジュースをよく飲む人

こういう人は、歯の表面のエナメル質が溶けやすくなっている、酸蝕症(さんしょくしょう)という病気の可能性があるそうです。

食後口の中が酸性になっているため、歯が傷つきやすい状態のため食後30分ほど経ち、口の中が中和された状態になってから歯磨きを。我慢できない人は水でうがいすること。だそうです。


年をとると口の中がネバネバするのはなぜ?


ゲストの加藤茶さんの質問。

ネバネバするのは唾液の分泌が加齢とともに減るため。老化現象の1つだそうです。

唾液を出すためには、食事やガムなどでよく噛むこと。また誰かとよく喋るなど。


17位:耳あかはこまめに取るほうが良い 32%


耳鼻咽頭科の山西敏郎先生によれば、耳あかはとらなくてもよいとのこと。

むしろ無理やりとると、耳の入口や鼓膜を傷つける可能性があるそう。

細かい耳あかを押し込み、耳の穴を塞いでしまうことも。こうなると耳垢栓塞(じこうせんそく)という病気に。


耳あかは耳の中の殺菌・保護という役割を持っています。そして耳あかは自然に外に出てくるとのこと。


こちらでもおなじことが言われていました↓

耳かきはしなくて良い!?フジテレビ『バイキング』で放送された「実は病気に繋がる生活習慣」まとめ


スポンサーリンク




16位:鼻血が出たらティッシュを鼻につめる 35%


消化器内科の大竹真一郎さんによれば、ティッシュを詰めると、抜くときにせっかく止まりかけたかさぶたなども剥がれたりなど、また血が出てしまったり、鼻の中を傷つけたりするからだそう。

また、上を向いて首をとんとんするのは全く意味がなく、迷信。むしろ危険とのこと。

その理由は、上を向くと鼻血がのどに入って行きます。それでむせてしまったり、ひどい場合には窒息することもあるとか。

そのため前かがみになって口から出すことが大事とのことでした。

ただしい血の止め方


ただしい血の止め方は圧迫すること。

先ず血を飲み込まないように前かがみになり、鼻の膨らんだ部分を指で5分以上強く圧迫。


ちなみにJOYさんがイギリス人の祖母に教わった方法は、背中に鍵を入れること。ヨーロッパの方では鍵に病気や怪我を治す神秘的な力が宿っているという説があるのだそう。

もちろん医学的な根拠はありませんし、JOYさんもとまらなかったそうです(^^;


まとめ


  • 「ゼロカロリーの食品は太らない」は間違い。メタボ・2型糖尿病になるリスクが上昇するという研究結果も。
    ただしうまく使えばダイエットの強い味方になる。
  • 「風邪を引いたらお風呂に入ってはいけない」は間違い。昔の習慣によるもので現代には当てはまらない。
    ただし、あまりに高熱なときは湯船は避け、シャワーだけで済ますほうが良い。
  • 「耳あかはこまめに取るほうが良い」のは間違い。耳あかは自然に外に出てくる。
    無理やり取ろうとすると返って耳を塞いでしまうことも。
  • 「鼻血が出たらティッシュを鼻につめる」のは間違い。ティッシュを取るとき再び血が出たり傷がついたりするため。
    正しい止め方は下を向いて鼻を5分以上圧迫すること。
    上を向くのも血がのどに入り、むせたり最悪窒息などの可能性があるためNG。

その2はランキングの15~11位です。

100円老眼鏡で老眼を遅らせる!TBSの『駆け込みドクター!健康常識のウソホントSP』の内容まとめその2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ