ひじきに鉄分が豊富だったのは昔の話。TBSの『駆け込みドクター!健康常識のウソホントSP』の内容まとめその4

この記事の所要時間: 817

ひじき

2016年2月7日にTBSにて『駆け込みドクター!健康常識のウソホントSP』が放送されました。こちらはその4、最後です。

間違っている健康常識を信じている人が多い順にランキング。全部で20個という内容です。

番組と同様、20位からのまとめになります。%は信じている人の割合です。

その4は5位~1位と、ゲストからの質問、最新治療の情報も。


旦那さんが寝言を言って蹴飛ばしてきます。大丈夫ですか?


金田朋子さんの質問。オードリー春日さんも普通に喋っているかのような寝言をするそうです。

森田先生によれば、これはレム睡眠行動障害の可能性があるそうです。

寝言はレム睡眠(浅い眠り)の時に発することが多く、体はオフになっているはずなのに、行動を起こしてしまうという病気。

ひどいときには寝ぼけて壁などを殴って怪我をしたり、さらには冷蔵庫を開けてご飯を食べることも。

原因はアルコールの過剰摂取、睡眠不足、ストレスなど。脳腫瘍や頭部の炎症が原因のことも。

加藤茶さんも寝ぼけたままコンビニに買い物に行くほどの状態なのだとか。スリープクリニックに行って治療を受けたほうが良いと言われていました。


スポンサーリンク



夜のどが渇いて何度も目が覚めます。病気ですか?


中畑清さんの質問。寝てから2~3時間で目が覚め、水を飲んだりトイレに行くというサイクルだとか。

循環器科池谷敏郎先生によれば、中畑清さんはカラオケによく行くそうで、歌による喉の渇きと、飲酒による利尿効果で、結果的に脱水になるとのこと。

しかし通常喉が渇いたくらいでは目が覚めることはないといいます。口呼吸が原因になっている可能性があり、鼻の病気と関わりが強いとのこと。


耳鼻咽頭科の山西先生が生診断。

風邪を引いている中畑清さん。風邪のとき、痰が口から出ますが、鼻水が喉に流れる後鼻漏(こうびろう)と言い、実は鼻水なのだそう。鼻の調子が悪いと、鼻水が喉に詰まって痰になるそうです。

結果、鼻はそれほど問題ではなく、飲酒による軽い脱水症状が原因ではないかとのことでした。


心不全を改善する新医療 – 細胞シート


大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科 教授 澤芳樹先生。

ここで開発しているのは細胞シートという新しい医療技術だそう。細胞シートとは体内から採取した細胞を培養して、シート上に加工したもの。丸くて薄い紙のようなシートです。

心不全は心臓の筋肉の働きが弱まり、心臓の機能が低下する病気。

心筋自身が元気になる物質があるのか研究しているうちに、足の筋肉の細胞も同じ因子を出すことが分かったそう。

心臓の筋肉が弱まった部分に細胞シートを貼ることで、心筋の働きが再生し、心不全が改善するそうです。

自分の細胞を使うため、副作用の心配が少なく、心臓移植や人工心臓よりも手軽に治療できる方法だそう。

すでに40例全てで症状の改善が見られたこの方法、4月頃から実際に色々な病院でこの治療を行うことができるそうです。



再新介護ロボット – 着衣介助ロボット


九州工業大学大学院 生命体工学研究科 教授 柴田智広先生。

学習型双腕ロボットシステムというそうで、高齢者の着衣をサポートするそうです。知能ロボットの国際会議で世界一を受賞したロボット。

2本の腕を使い、器用に服を着せ、また脱がせることも可能。介護施設での実証実験を開始しているそうです。

また、体型などの個人データを記憶して、あらゆる人に対応できるのも特徴。

4年後の実用化を目指しているそうです。


5位:かかとのカサカサは乾燥 70%


東銀座ウェルズクリニック 皮膚科 大木美佳医師によると、かかとのカサカサは乾燥や老化が原因とは限らないそうです。

なんと水虫のケースがあるそうです。

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが増殖することで、かゆみ・痛み・炎症などの症状が出る病気。

かかとの足全体の角質化を起こす菌がおり、ジュクジュクや水泡ができていなくても、かかとが厚くなり、痒くなくても水虫ということがあるのだとか。

患者さんは多く、特に冬に多いそう。気付かないまま放置し、爪に菌が感染ることもあるそうです。


冬だけでなく夏もカサカサ、お手入れしてもすぐにカサカサ、などという場合は1回病院で調べてみることが必要だそうです。


4位:水以外で薬を飲んではいけない 72%


循環器科池谷敏郎先生によれば、コップ1杯の水で飲むことが理想。ただし、お茶に変えたとしても特に問題はないとのこと。


薬の飲み方の注意 – 飲み合わせ


胃薬などに含まれる重曹は、フルーツジュースと合わさると、酸に反応し二酸化炭素が発生し膨張して薬の効果を妨げてしまいます。

薬の飲み方の注意 – 飲むタイミング


食前


食前の薬は食事の30分前に飲むのが目安。胃の中を素早く通過し小腸で吸収され、血液を通して患部に届き効果が早く現れるような薬。

食べる直前だと、その後の食べ物と胃の中で混ざってしまい、胃酸の影響を受けて効果が遅れることも。


食間


お腹に食べ物が入っていない時に飲む薬。

食事と食事の間、前後2時間位は空けたほうが良い。食事中ではないことに注意。


食後


食事の30分後に飲むのが目安。

位の消火活動が盛んなため血流が増し、薬の吸収が良く、胃に食べ物が残っているため負担も少ないです。

食べてすぐは食直後


水なしで薬を飲むのは危険


水や白湯で飲んでくださいと書いてある薬を水なしで飲むのは危険。

食道にくっつき、その場で溶け出す危険性が有り、溶けた薬で食道が炎症をおこすこともあるのだとか。

粉薬を水なしで飲んで気管から肺に入り、肺炎を起こした例もあるとか。


市販薬の選び方


薬のパッケージの裏側には多くの効能が書かれていますが、これは効果が高い順に書かれているそうです。

喉の痛み、発熱、鼻づまり・・・とかいてあれば、喉の痛みに最も有効だということ。


こちらでも薬の知識を解説していました。↓

同じ薬を飲むのはダメ?2015年11月12日放送バイキングで解説された薬の選び方・飲み方まとめ


スポンサーリンク



3位:低血圧の人は朝すっきり起きられない 75%


目覚めの良し悪しと、低血圧高血圧は全く関係ないとのこと。

低血圧の人は立ちくらみなどが起こるため、それが目覚めの悪さと似ているため誤解してしまう人がいるそうです。


目覚めに関わっているのは自律神経。自律神経には交感神経副交感神経があります。

寝ているときは副交感神経が働くリラックス状態。

目覚めるときは交感神経が働く活動的な状態。

この交感神経のスイッチの切り替えがうまくいかない人が目覚めの悪い人だそうです。


自律神経を整えるには?


規則正しい生活をすること。夜になったら寝て、朝起きたら光を浴びて体をしっかり目覚めさせるのが大事。


2位:ひじきは鉄分が豊富 77%


去年、5年ぶりに食品標準成分表が改定されたそうです。病院食はこの成分表で献立を決めるのだそう。

そしてひじきの鉄分が、改定前は100gあたり55mgだったのが、改定後は6.2mgと、実に9分の1に。

原因は加工法にあるそうです。ひじきは取ってきてすぐに4時間釜で煮るのだそう。

そして今までは鉄製の釜を使っていたのが、現在はステンレス製なのだとか。

今までは鉄製の釜の鉄分がひじきにうつっていたため鉄分が多かった、ということだそうです。


鉄分は少なくなったひじきですが、カルシウムは牛乳が100gあたり110mgなのに対し1000mgと、約9倍。

食物繊維はごぼうの100gあたり6.1gに対し、51.8gと約8.5倍。

またカルシウムの吸収を助けるマグネシウムも豊富なため、骨粗しょう症の予防効果が期待できるそうです。


1位:22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム 80%


肌の修復を司る成長ホルモンは、熟睡後約1~3時間で分泌されます。ということなので、いつ寝ても熟睡さえしていれば良いのだとか。

一方10時~2時くらいまでに普通の人は寝ているため、この時間がお肌のゴールデンタイムと言われるようになったのだそう。


まとめ


  • レム睡眠行動障害は浅い眠りの時に行動してしまう障害。
  • 「かかとのカサカサは乾燥」はそうでない場合も。冬だけでなく夏もカサカサの場合、水虫の可能性が。
  • 「水以外で薬を飲んではいけない」は、お茶に変えても大体OK。ただし組み合わせを気をつけなければならない場合も。
  • 市販薬に書かれている効能は、効果の高い順に書かれている。
  • 「低血圧の人は朝すっきり起きられない」は間違い。全く関係ない。
    目覚めに関わるのは自律神経。自律神経を整えるには規則正しい生活をすること。
  • 「ひじきは鉄分が豊富」は現在は間違い。
    昔は鉄製の釜で煮られていたため鉄分が多かったが、今はステンレス製のため鉄分は少なくなった。
    鉄分はなくなったがひじきはカルシウム・食物繊維・マグネシウムが豊富。
  • 「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」は間違い。
    成長ホルモンは熟睡後約1~3時間で分泌されるため、時間に関係なく熟睡さえすれば良い。

今回のその4でこの番組まとめは終わりです。文字数が多くなりましたが区切りが良い所(5位ずつ)で切るようにしました。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ