自衛隊編2。テレビ朝日『池上彰のニュースそうだったのか』の内容の「実は意外と知らない日本」まとめその4

この記事の所要時間: 523

ブルーインパルス

2016年2月13日のテレビ朝日『池上彰のニュースそうだったのか!2時間スペシャル』のテーマは「実は意外と知らない日本」でした。

こちらはそのまとめ4「実は知らない自衛隊」のその2です。

その1⇛間違いだらけの日本語編。テレビ朝日『池上彰のニュースそうだったのか』の内容の「実は意外と知らない日本」まとめその1


最近自衛隊が始めた作戦


今までは防衛のために、敵を上陸させない訓練をしていた自衛隊ですが、

尖閣諸島が占領された場合、取り返すには上陸して敵を撃退しなければなりません。最近ではそのための訓練をしているそうです。

この作戦のために導入しようとしているのが、オスプレイ。垂直離着陸でき、高速で飛べる輸送機。1機約100億円。

尖閣諸島には滑走路がありません。滑走路が無いところにはオスプレイが有効。これが敵が攻撃を諦める、いわゆる抑止力になるということなのだとか。


スポンサーリンク



特殊部隊


陸・海・空それぞれに特殊部隊と呼ばれる花型部隊がいるそうです。

中でもスーパーエリートと呼ばれる日本唯一の部隊が陸上自衛隊 習志野駐屯地にいる第一空挺団

パラシュートで降りる部隊で、ゲリラ対策などでも活躍しているのだとか。

海上自衛隊の花型は、潜水艦乗組員。

航空自衛隊の花型はブルーインパルス。アクロバット飛行を披露する広報部隊なのだそうです。


武器を持たないスペシャリスト


撮影専門部隊。最前線での情報収集が任務。

消防部隊。基地での火災に迅速に対応するため、各隊にあるそうです。基地外の大規模火災でも出動して消火に当たります。

音楽隊。広報活動などで演奏するのが役目。

海上自衛隊東京音楽隊所属の三宅由佳莉3等海曹は自衛隊初の歌手採用。自衛隊の歌姫と話題になり、2013年にCDデビューしたそうです。

高尾山レッドクラブは航空自衛隊の広報活動で、自転車のアクロバット走行をしています。


陸上自衛隊施設科は、海外でよく見る道路整備をしたり、橋をかけている部隊。

敵によって道路や橋が破壊された場合、迅速にそこを通れるようにするための用意されています。

民間の建築会社などは一切関わりません。地雷があったり攻撃されたりする戦闘地域で活動するため頼ることはできません。

そのため自衛隊は、有事に備え自分たちだけで全てをやりとげられるような、自己完結型の組織なのだそうです。

自衛隊には専門分野の学校が30校以上あり、入隊するとまずここで最低限の知識や技術をみにつけないといけないそうです。


階級


自衛隊は軍隊ではないため、いわゆる少佐、大将と言った呼び方はしないそうです。

階級は大きく分けて5つ。

種類自衛隊会社に例えると
幹部取締役
部長
課長
下士官一般社員


会社における一般社員にあたる下士官は全体の8割。

この各階級の中にもランクが有り、全部で16階級あるそうです。

幹部の人達は部隊を指揮することが出来ます。


入隊方法


入隊方法によりどこまで出世できるかがある程度決まってしまいます。

一般曹候補生


現場で働く自衛官になる人たち。

  • 学歴は関係なく18歳以上27歳未満(日本国籍を有する)
  • 学科試験・適性検査・面接・身体検査
  • 募集は年1回
出世は基本的に准尉まで。相当に優秀な場合は幹部になる可能性もあるそうです。


スポンサーリンク



自衛官候補生


いつでも募集しています。ポスターがよく貼られていますね。

18歳以上27歳未満で、男性は1年中募集。女性は年1回募集。

約2~3年の任期制で、更新は2回まで。

階級はほとんどの場合「士」までですが、大型運転免許、フォークリフト免許、建築士など、様々な資格を取得できます。


防衛大学校


こちらはいわゆるエリートコース。実は、防衛大学校は大学ではないそうです。

大学は文部科学省の管轄。防衛大学校は防衛省の管轄になるのだとか。

気象庁の気象官を養成する気象大学校というものもあります。大学校とは、各専門分野のプロを養成する所なのだそうです。

防衛大学校に入学した時点で、特別職国家公務員になります。そのため毎月約11万円の給料が支給され、学費は無料なのだとか。

そして卒業後は幹部自衛官になります。


給料と手当


将   846万~1408万円
将補  614万~1072万円
佐   377万~652万円
尉   286万~533万円
准尉  276万~522万円
曹   230万~508万円
士   193万~284万円

給料が安いと隊員が集まらないため、普通の公務員よりも少しだけ高めになっているのだとか。

特別な任務をこなせば、特別手当がでます。でますが、その額は・・・

  • 夜間または暴風雪警報発令中の除雪作業は1日300円または450円。
  • 不発弾処理は、階級や危険度により変動し、1日250円~1万400円。
スタジオのゲストさんたちも「安い」とか「可哀想」とか言っていましたが、確かにびっくりするくらい安いですね。

元々こういう仕事をすることを承知で自衛隊に入っているとされているため、特別高いわけではないそうです。


まとめ


  • 最近自衛隊は、尖閣諸島が占領された場合に備えた上陸作戦を訓練している。
  • そのために導入予定なのがオスプレイ。尖閣諸島には滑走路がないため。
  • 陸上自衛隊の花型部隊は、習志野駐屯地にいる第一空挺団。パラシュート部隊。
  • 海上自衛隊の花型部隊は、潜水艦乗組員。
  • 航空自衛隊の花畑部隊は、ブルーインパルス。
  • 撮影部隊、消防部隊、音楽隊などの武器を持たない部隊も存在する。
  • 階級は大きく分けて幹部の将・佐・尉と下士官の曹・士の5つ。
  • この中でもランクがあり、全部で16階級。
  • 入隊方法は一般曹候補生・自衛官候補生・防衛大学校の3パターンある。
  • 給料は一般の公務員よりも高め。安いと集まらないため。
  • 手当は出るが安い。危険な作業も承知で入隊しているとされているため。

その5は「実は知らない宗教法人」になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ