玄米を食べてLPSを摂る!日本テレビ『世界一受けたい授業』の免疫力を上げる物質まとめ

この記事の所要時間: 541

玄米

2016年2月20日の日本テレビ『世界一受けたい授業』のテーマは「免疫力」です。

免疫力を高める、LPSという夢のような物質があるとのこと。

解説は、LPS研究の第一人者、香川大学医学部客員教授 新潟薬科大学特別招聘教授 杣(そま)源一郎先生。



病気にかかりやすい人とかかりにくい人の差 – 免疫力


インフルエンザが猛威を奮っています。ですがインフルエンザのかかり安さには個人差が。それが免疫力の差。

体内に入った異物をマクロファージが食べてしまいます。

マクロファージは皮膚・筋肉・血管など身体中に存在し、パトロールをしています。

不規則な生活やストレスでマクロファージが弱まり、これにより病気にかかりやすくなってしまいます。

マクロファージをパワーアップさせ、免疫力を高める夢の様な物質が近年明らかに。


スポンサーリンク



LPS – リポポリサッカライド


Lipo poly saccharideと書くそうです。頭文字を取ってLPS。

LPSとは、土で育つ食べ物の微生物の成分。もともと人間の体にはありません。

ですがLPSを積極的に摂ることで、免疫力がUP、花粉症の抑制、さらにはガンになりにくい体にもなるのだとか。

体内に入ったLPSは、粘膜を通じて体の中の免疫細胞を活性化させます。

また空気中にも存在し、皮膚に触れることによっても免疫細胞に働きかけるそうです。

ただし、土や自然が少ない場所にはごくわずかだそう。


LPSの効果その1 – 肌荒れの改善


番組ではアトピーと診断された犬に1ヶ月LPSを投与したケースを紹介。毛が抜け落ち皮膚がカサカサの犬が、すっかり正常に戻っていました。この効果は人でも同じだそう。

免疫細胞は皮膚にも存在。肌の入れ替えを早め、荒れた肌がきめ細かい肌になるそうです。


LPSの効果その2 – アルツハイマー病予防


アルツハイマー病とは、アミロイドβという物質が脳に入り、脳が萎縮してしまう病気。

LPSを摂取することで、このアミロイドβの掃除を促進してくれることが分かったそうです。


脳の免疫細胞が最も活動する時間は?


A.睡眠時


起床時と睡眠時では、脳の免疫細胞の活動が10倍も違うそう。

つまり、毎日十分な睡眠をとることも脳を守ることになるのだとか。


以下は他番組の睡眠テーマ回です。よければどうぞ↓


LPSの効果その3 – がん予防


1日に5000個できるというがん細胞。これも免疫細胞が排除しています。つまり免疫力をUPさせるLPSを摂れば、ガン発症のリスクを低くできる可能性があるということだそうです。


キレイ好きな人はLPSが少ない(免疫力が低い)


適度に清潔にすることは悪いことではないですが、極端にきれい好きの人は要注意だそう。

LPSは土壌や自然に含まれる微生物にいるため、頻繁に殺菌や掃除をしすぎるのは返って免疫力を下げる要因になるとのこと。


スポンサーリンク



先生オススメLPS食材


純粋なLPSは市販されていないそうです。なので食べ物から摂ることが大切。先生オススメのLPSを多く含む食材ベスト3です。

ちなみに、LPSは加熱しても物質は残るため、加熱料理をしてもよいそうです。


第3位:れんこん


LPSは主に土にいる微生物の成分。そのため土で育つ根菜に大変多く含まれるそうです。

れんこんは、皮や節に多く含まれているそうです。


第2位:めかぶ


海の中で育つ海藻類は、農薬や肥料が使われていないので、自然に近い状態でLPSが含まれている

ワカメや海苔も良いそうですが、めかぶには特に多くLPSが含まれていることがわかっているとか。


第1位:玄米


玄米の周りについているヌカにはLPSが大量に含まれているそう。

免疫力を考えると、ヌカごと食べられる玄米がオススメナンバー1の食材とのことでした。


ちなみに第4位はヒラタケ、第5位は岩のりとのこと。


一緒に食べると効果アップの食べ物 – ヨーグルト


ヨーグルトに含まれる乳酸菌はLPSと同時に摂取すると強い相乗効果が生まれることがわかっているそうです。

風邪を引いたときに食べると

抗生物質はLPSを持つ菌も殺してしまうそうです。なので抗生物質を飲んだ時にはLPSも十分取り、免疫機能を増強したほうが良いのだとか。


免疫力を高めるLPS体操


右手で左手の指先から体の中心に向かって、「LPS」言いながらこするのだそう。言わないとダメだそうです(^^;

こすることで皮膚の免疫細胞を刺激。うっすらと肌が赤くなるくらいこするのが良いそうです。

やるとぽかぽかしてきます。結構が促進され自律神経が整えられて免疫力の天敵であるストレス解消にもなるそうです。

足など他の部位も心臓に向かってこすると良いとのこと。


乾布摩擦はお医者さんもやっているそうで、間違いではないそうです。
朝イチゴと乾布摩擦が効く!サタデープラスで放送された名医の風邪予防法


まとめ


  • LPS(リポポリサッカライド)は土で育つ食べ物の微生物の成分。
  • LPSは免疫細胞を活性化する。
  • LPS効果は肌荒れの改善・アルツハイマー病予防・がん予防などの効果が期待できる。
  • LPSは土や自然にいる微生物に含まれるため、極端にきれい好きな人はLPSが少なくなる。
  • 先生オススメのLPS食材は玄米・めかぶ・れんこん・ヒラタケ・海苔。
    一緒にヨーグルトなどの乳酸菌と一緒に摂ると強い相乗効果がある。
  • 体を心臓に向かってこすると免疫細胞を刺激して免疫力UP。

LPS体操は乾布摩擦みたいなものでLPSは関係ないないような・・・どうなんでしょう。


他番組の免疫力回も良ければどうぞ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ