納豆とオリーブオイルで腸内環境改善!TBS『駆け込みドクター』で放送された内容まとめ1 – 突然死と腸編

この記事の所要時間: 52

ヨーグルト

2016年3月6日にTBS『駆け込みドクター!』が放送されたので内容をまとめていきます。
テーマは「健康な体を目指そうSP」です。

その1は、突然死と腸までになります。

突然死


突然死とは、症状が現れてから24時間以内で亡くなること。日本では年間約10万人が突然死しているとか。


突然死が最も多く起こる場所は?


A.自宅


自宅、特にお風呂場で入浴中の事故が多いとか。入浴中に失神し、溺れてしまうのだそう。
入浴時には急激な血圧の上昇と急降下が起こりやすいため脳の血流が悪化し、気を失う可能性もあるのだとか。

他には睡眠中・排便中も危ないそう。


スポンサーリンク



4月は突然死が多い!?


突然死の数を月別に見ると、4月が最も多く平均の1.5倍以上。職場や環境の変化によるストレスが原因と考えられているそうです。


突然死危険度チェック


  • 熱い風呂が好き
  • 負けず嫌い
  • 食べるのが早い
  • 運動不足
  • 早口でせっかち


突然死を予防。血管を強くする食材


循環器科池谷敏郎先生によれば、食材選びが大切とのこと。
血管をしなやかに開くアマニ油や青魚、血管のサビつきを防いでくれるにんにく、ブロッコリー、トマトなどの野菜を選ぶことが大事とか。

先生が選んだ食材は

  • アマニ油
  • 青魚
  • 牛肉
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • チーズ
  • そば
  • トマト
  • ブロッコリー


LTP・EPA


チーズや発酵食品に含まれるLTP。血圧降下や血管の収縮を防いでくれます。チーズの中でも特にLTPを多く含むのがブルーチーズ。

また、青魚に多く含まれるEPAは、血液中の余計な中性脂肪やコレステロールを減らし、血圧を下げる効果があると言われているそう。

EPAが特に多いのはマグロの脂身。お寿司で言うトロ。
またカツオの場合、初鰹よりも秋に旬を迎える戻り鰹の方がEPAは多いそうです。



ヒートショックについて別番組のまとめはこちらです。
オネェあるきでヒートショック予防!?12/16バイキングひるたつのヒートショック対策まとめ

心筋梗塞・脳卒中検定の発症しやすい時間帯編。テレビ朝日『林修の今でしょ!講座2時間SP』で放送された内容その2


健康のために大切なこと – 突然死


  • お風呂、脱衣場の温度差に注意
  • 血管に良くない行動パターンには気をつける
  • 血液には青魚に含まれる成分が良い


腸内環境


下痢・便秘・肌トラブル・肥満・がんや動脈硬化など健康に大きな影響を及ぼすと言われているそうです。


腸内環境が悪いサイン


  • 便が硬い
  • ストレスを感じやすい
  • おならが臭い
  • 老けて見られる
  • 寝付きが悪い
  • 肩こり・頭痛
若い女性は便秘になりやすく、そもそも便秘は腸内環境が悪くなっているサイン。
便秘は肌荒れにつながり、つまり老けて見られるのだとか。


スポンサーリンク



松本明子さんの場合


40年以上便秘だったという松本明子さん。ですが今は快便。

食事はヨーグルト・キムチ・納豆など発酵食品を良く摂り、
さらに適度な運動。過剰な運動は腸の働きが弱まるため軽めの有酸素運動と筋力体操を繰り返しているのだとか。

便秘解消とともに、肌荒れ・肩こり・冷え症・頭痛などのプチ不調も改善。


腸内環境を整える納豆+オリーブオイル


納豆に多く含まれる食物繊維とオリーブオイルに含まれるオレイン酸が腸に良い働きをするそうです。

オレイン酸は腸に長く留まり、腸内のかすと混ざり合うことで滑りを良くしてくれます。
さらにオリーブオイルには抗酸化作用があるビタミンEなどが含まれており、大腸がんを防ぐ効果が期待できるとか。

大腸がんと腸内環境は密接な関わりがあるそうです。腸内環境を整えることは重要なんですね。



秋田県玉川温泉 – 多くのがん患者が集まる温泉


奇跡の温泉と言われる玉川温泉。全国からがん患者が集まるそうです。

玉川温泉と新玉川温泉の2種類があり、玉川温泉の方が源泉に近く、効果が高いと言われているそう。
雪上車でないと通れないほどの急峻な道なのだとか。

玉川温泉は強酸性のお風呂で、消費カロリーが800キロカロリー。「ものすごく疲れるお風呂」なのだそう。
成分が肌をものすごく刺激するため、入る前には入浴方法を相談室で聞いたほうが良いそうです。

入ってみるとぬるいお湯ですが少しピリピリすうそう。それは強酸性のため。PHは実に1.2
レモンや梅干しが2.0。それよりも強酸です。

温泉の成分の中にラドンが入っています。
活性酸素を取り除いて、様々な病気の予防になると言われている物質だそうです。


岩盤浴の発祥の地


実は、ここ玉川温泉が岩盤浴の発祥の地なのだそう。

北投石というラジウムを発する石の下に、98℃の源泉を通すことで熱が伝わる仕組み。石の温度は57℃。
岩盤浴は1回40~50分が目安。

体を温めると基礎代謝が上がり、また免疫力もアップすると言われているそうです。


健康のために大切なこと – 腸


  • 便秘は腸内環境悪化のサイン?
  • 改善法は納豆+オリーブオイル
  • 適度な運動ですっきり快便

腸内環境の過去・他番組のまとめはこちらです。
R-1乳酸菌と健美腸体操で腸内環境を整える!TBS『凄腕の専門外来SP6』まとめその7

ドライフルーツで腸内ダイエット!12/10バイキングひるたつの痩せやすくなる腸内環境まとめ




腸の話題で急に温泉になったのは謎の展開だったような・・・。

その2は睡眠の部分をまとめようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ