関根勤さんとハイヒールモモコさんの血管年齢が合計-31歳に!TBS『サタデープラス』の酢しょうがまとめ

この記事の所要時間: 510

しょうが

2016年3月19日のTBS『サタデープラス』のドクタープラスは「酢しょうが生活第2弾」でした。
前回小堺一機さんが挑戦した酢しょうがが大反響だったようです。
今回は関根勤さんとハイヒールモモコさんがチャレンジ。

前回まとめ
食事に混ぜるだけの酢しょうがで若返り。TBS『サタデープラス』で放送された2大若返り術まとめその1


酢しょうがとは?前回のおさらい


酢しょうがとは、刻んだしょうがを酢につけたもの。
摂取量は1日スプーン1杯でOK。

前回、小堺一機さんが酢しょうが生活にチャレンジ。わずか10日間で、

血圧   150/95 → 140/89
血管年齢 74歳  → 57歳(-17歳)

という結果に。


酢しょうがの作り方


いしはらクリニック副院長 石原新菜ドクターに作り方を教えていただきます。

材料
  • しょうが  100g
  • お酢    100cc
  • はちみつ  20g

お酢は、胃腸の弱い人はペクチンを含むリンゴ酢だそう。
ですが1番オススメなのは黒酢。アミノ酸が8倍入っており、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれるのだとか。

作り方
  1. しょうがをみじん切りにします。この時皮は付いたままで。
    しょうがは皮の付近に健康成分が最も多く含まれているからだそう。
    ちなみにスライス・すりおろし、どの切り方でも効果は同じなのでお好みで。
  2. しょうがを保存用容器に移し、そこへお酢とはちみつを加え、1日漬けておけば完成。
    保存期間は冷蔵庫で1周間が目安。


スポンサーリンク



酢しょうがはどう体に良いの?


酢を35年研究している、総和大学客員教授 中山貞男医学博士によると、
お酢の効果として、

  • 血圧を下げる
  • 血糖値を下げる
  • 肥満を防ぐ
  • コレステロール中性脂肪を減らす
生活習慣病の4大危険因子、高血圧・脂質異常・高血糖・肥満にすべて効果がある唯一の食材がお酢なのだそう。



しょうが研究の第一人者、正徳大学教授 吉田真美医学博士によると、
ジンゲロールが活性酸素を除去し、ガンや脳卒中などの予防に効果的。いわゆる抗酸化作用。


酢しょうがはこれら2つが組み合わさった最強調味料なのだそうです。
しょうがは比較的即効性に優れているのも特徴だとか。


今回挑戦の2人 – 関根勤さん、ハイヒールモモコさん


関根勤さん(62歳)

MDA-LDL(超悪玉コレステロール)が基準値61~105のところ、192という数値。
血管年齢は、64歳。実年齢を2歳オーバー。


ハイヒール・モモコ(52歳)

血管年齢は63歳。実年齢
体温は35.5℃。低体温症ですね。


お二人が酢しょうがを入れていた食事


何にでも合うという酢しょうが。こんなものに入れていました。

  • 玉ねぎサラダ
  • たこ焼き
  • さばの味噌煮
  • お味噌汁
  • 豚のしょうが焼き
  • アジの南蛮漬け
  • 餃子(タレ)
  • ブロッコリー
  • バニラアイス(黒蜜をプラスして)
  • 納豆
  • トマトサラダ
  • 魚の煮付け
アイスはモモコさん命名『美人アイス』だそう。
しょうがのシャキシャキ感が非常に合うそうです。


スポンサーリンク



モモコ家で絶賛!あさりの酢しょうがご飯


材料
  • 米        2合
  • あさりのむき身  80g(1缶)
  • 酢しょうが    大さじ1
  • 酒・薄口醤油   各大さじ1

お米を炊くときに、材料を一緒に入れて炊くだけ。
食べるときに追い酢しょうがをしても良いようですよ。


熱を加えても良いしょうが


多くの野菜は熱を加え過ぎると栄養成分が損なわれやすいです。
ところが、しょうがは全くの逆なのだそう。
しょうがのジンゲロールは熱を加えるほど、体の温め効果がパワーアップするそう。

冷え性の人は、酢しょうがはどんどん加熱するとよいそうです。


余った酢はどうすれば良いの?


視聴者から最も多かった質問がこれだそう。
しょうがのエキスがたっぷりはいったエキスですのでしっかり摂って欲しいとのこと。

関根さんはこの余ったお酢とヨーグルトを合わせていました。
この2つを合わせると、カルシウムの吸収率がアップするのだそう。


酢しょうがの効果的な食べ方は?


酢しょうがは1日数回に分けて食べると良いのだそう。

また、摂る際の注意点として、
摂り過ぎると胃粘膜を傷つけるおそれがあるため、
空腹時や胃の弱い方はご注意ください。とのことでした。


2週間の酢しょうが生活の結果は?


ハイヒール・モモコさん
  • 血管年齢        63歳 → 50歳(-13歳)
  • 体温          35.5℃ → 36.1℃


関根勤さん
  • 血管年齢        64歳 → 46歳(-18歳)
  • 血圧          130/80 → 116/80
  • 超悪玉コレステロール  192 → 144
  • 免疫力測定       18.3 → 31.5(一般に8~12)
  • 体重          60.7kg → 59.6kg
最後の体重は、食生活はそのままで1.1kgの減量に成功。
お酢の代謝アップ効果としょうがの代謝アップ効果がダブルで効いたおかげだとか。


まとめ


  • 酢しょうがは何にでもあう調味料。
  • お酢は生活習慣病の4大危険因子すべてに効果のある食材。
  • しょうがは抗酸化作用がある。
  • 加熱すると体の温め効果がアップする。
  • 余った酢はヨーグルトと合わせるとカルシウム吸収率アップ。
  • 酢しょうがは1日数回に分けて食べると良い。
しょうがを加熱するとジンゲロールがショウガオールになり、ショウガオールに温め効果があると記憶してます。
こうなると抗酸化作用はどうなるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

2 Responses to “関根勤さんとハイヒールモモコさんの血管年齢が合計-31歳に!TBS『サタデープラス』の酢しょうがまとめ”

  1. りょうこ より:

    酢しょうがの作り方の分量
    はちみつと酢の分量が入れ違っていませんか?酢が100ではちみつが
    20かと思いますが

    • 一歴史好き より:

      失礼いたしました。ご指摘ありがとうございます。
      修正させていただきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ