メリット、デメリットなどを伝授。テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』で放送されたスーパーフードまとめ

この記事の所要時間: 521

チアシード

2016年4月19日でテレビ朝日『林修の今でしょ!講座』のテーマの1つが「スーパーフード」でした。
スーパーフードのチアシード、マヌカハニー、アサイーの効果と正しい摂り方を学ぶという内容です。
講師は、カラダクリニック銀座内科医 関由佳先生。
学友(ゲスト)は、田中美佐子さん、アンジャッシュ渡部建さん。


チアシード


チアシード中南米原産のチアという植物の種子です。

チアシードのメリット


先生によれば、
動脈硬化予防にによいと言われるオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれていること。

オメガ3系の油の一種、αリノレン酸は、医学的に特に良いとされています。
その理由が、体の中で魚の油と同じ物質(EPA・DHA)に変わるため。
そして変化した油が血管の傷を修復するのだそう。

オメガ3系が炎症を抑える油なのに対し、
現代人が多く摂っているオメガ6系の油(サラダ油)は、炎症を進めてしまうのだそう。
現代人は魚を食べる量が少なくなったため、オメガ3系の油を摂る機会が少ないため、チアシードを利用するのが良いとのこと。


チアシードのデメリット


チアシードは、大量に食べるとカロリーの摂り過ぎになります。
チアシード100gは、ご飯約2杯分のカロリー。
適量は1日大さじ1程度だそうです。


チアシードのNGな食べ方


チアシードの食べ方によっては、栄養を逃してしまうそうです。

番組ではここでクイズ。医学的NGな食べ方は、以下の内どれでしょう?


  • サラダに入れる
  • ヨーグルトに入れる
  • スープに入れる

答えは、スープに入れること。

前述したαリノレン酸(オメガ3系脂肪酸の一部)は、熱に弱いというのがその理由。
加熱するとαリノレン酸が損なう恐れがあるためよくありません。


チアシードのOKな食べ方


すってドレッシングに入れること。

チアシードは種なので、すりつぶすことで種の中の栄養分を吸収しやすくなるそうです。

またドレッシングにする理由は、
緑黄色野菜に含まれるβカロテンやビタミンE・Kは脂溶性のため、油と一緒に摂ると吸収率がUPします。

チアシードドレッシングの作り方は、

普段使いのドレッシング大さじ1に対してすったチアシードを小さじ1の割合で入れてまぜるだけ。
するとジュレ状のドレッシングに早変わり。


スポンサーリンク



マヌカハニー


マヌカハニーとは、主にニュージーランドやオーストラリアに生息するマヌカという植物の花の蜜が原料のはちみつのこと。
ノバク・ジョコビッチなど一流アスリートが体調維持のためマヌカハニーを毎朝食べているそうです。


マヌカハニーのメリット


マヌカハニーは普通のはちみつと比べ、抗菌作用を保つ成分がずば抜けて高いのだそう。
その成分は、メチルグリオキサール。

国立病院機構仙台医療センターでは、マヌカハニーの殺菌力に注目。
手術後の化膿止めとして使用することもあるそうです。


マヌカハニーのデメリット


砂糖よりも少ないとはいえ糖分を含むため、血糖値が上がりやすくなります。
そのため摂り過ぎると高血圧や血管疾患を引き起こす危険性があるそうです。
1日の適量はティースプーン2~3杯。


マヌカハニーのNGな食べ方


これまたクイズ。マヌカハニーの抗菌力を失わせてしまうNGな食べ方は?

  • そのままなめる
  • 食後の飲み物に入れる
  • ホットケーキに塗る

正解は、食後の飲み物に入れること。

理由は、満腹の状態で摂ってもマヌカハニーが胃の粘膜に届かず、抗菌作用が弱まってしまうため。

また、1歳未満の乳児には食べさせないようきをつけてくださいとのこと。

マヌカハニーのOKな食べ方


空腹時に直接舐めること。


詳しいメカニズムはまだ分かっていないそうですが、
マヌカハニーの抗菌成分は、胃に食べ物が入っていない方が胃の粘膜の隅々にまで届きやすいのだとか。


スポンサーリンク



アサイー


アサイーとは、赤道直下のアマゾン川流域で育つ、ヤシ科の植物の実です。
赤道直下の植物であるため、強い紫外線に対抗するため色んな栄養素を蓄えているそう。
朝食にアサイーボウルを食べるのがブームになったそう。


アサイーのメリット


抗酸化作用が強いこと。

抗酸化とは、体内に取り込んだ酸素がストレスや紫外線などで活性酸素に変化。
これが増えすぎると細胞や遺伝子を傷つけ、老化や炎症を引き起こす原因になります。
これを防ぐのが抗酸化物質。活性酸素を除去し、細胞の老化を防いでくれます。

もう1つ重要なのが、鉄分。鉄分は特に女性に必要だそう。
なぜなら、肌を作るコラーゲンは、鉄分が無いと作られないため。
アサイーに含まれるポリフェノールは、鉄分の吸収を良くしてくれます。


アサイーのデメリット


アサイーは鉄分が豊富なため、肝機能が低下している人がアサイーを摂り過ぎると、
肝機能障害を引き起こすおそれがあるそうです。


アサイーのNGな食べ方


一緒に摂るとアサイーの鉄分を逃してしまう飲み物があるそうです。それは以下のうちどれでしょう?

  • オレンジジュース
  • コーヒー
  • 牛乳

正解は、コーヒー。

コーヒーに含まれる成分、タンニンが鉄分の吸収を阻害してしまうそう。
同じく緑茶や紅茶などもタンニンを含むため、一緒に摂るのはNG。
これらの飲み物を飲む場合は、アサイーを食べてから30分~1時間後に飲むのがおすすめだそう。

逆にオレンジジュースのビタミンCは一緒に摂ることで鉄分の吸収がアップするのだそうです。


アサイーのOKな食べ方


イチゴと甘酒のアサイースムージー。

イチゴのビタミンCで鉄分の吸収がアップ。
また近年腸の栄養の吸収機能が低下している人が多いそう。
そのため腸の善玉菌を増やす、甘酒などの発酵食材を摂ることで吸収がさらに良くなるのだとか。

摂るタイミングは、朝食で摂ると、ポリフェノールが紫外線対策になるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ