日本テレビ『世界一受けたい授業』で放送された慢性腎臓病まとめ

この記事の所要時間: 353

腎臓

2016年4月23日の日本テレビ『世界一受けたい授業』で慢性腎臓病についてのテーマがありました。
それをまとめていきます。
講師は東京慈恵会医科大学 主任教授 横尾隆先生。


腎臓の働きと慢性腎臓病とは?


腎臓は、血液中の老廃物をろ過し、きれいにします。
また血液の酸性化を防ぎ、弱アルカリ性にキープしてくれます。
余計な水や老廃物を尿として排出する役割もあります。

腎臓が弱ると老廃物のろ過ができず血管がぼろぼろに。
その結果心筋梗塞や脳卒中のリスクが3倍にも。
また免疫力も低下し、がんや肺炎などの病気のリスクも高まります。

腎臓に40%以上のダメージがある場合、
CKD(Chronic Kidney Disease)、日本語で慢性腎臓病と呼ばれるそう。
これは一度なってしまうと回復しない怖い病気。
慢性腎臓病は推定1330万人おり、成人の8人に1人という割合。


スポンサーリンク



慢性腎臓病が引き起こす病気


日本人の死亡原因トップ10は以下のとおり。
そのうち、赤くなっているのが慢性腎臓病が引き起こす病気なのだそう。

  1. 悪性新生物(がんなど)
  2. 心疾患
  3. 肺炎
  4. 脳血管疾患
  5. 老衰
  6. 不慮の事故
  7. 腎不全
  8. 自殺
  9. 大動脈瘤及び解離
  10. 慢性閉塞性肺疾患

腎臓は、毎日約150リットルの血液をろ過。
老廃物が取り除けないということは、全身に悪い血液がめぐってしまうということ。さまざまな病気の原因に。

さらに慢性腎臓病は痛みが出ないため気づくことが難しく、
気づかないままほっておいた結果、最悪突然死の可能性まであるそう。


腎機能低下のチェック?


A.尿

尿をした時、シャボン玉のような大きくふんわりした泡が、なかなか消えない(10~20秒たっても)場合要注意。
これは尿にタンパク質が含まれていることを示しているそうです。
立ってしても座ってしても関係ないとのこと。

また、寝起きで足がむくむ人も要注意。
これは体内の水分が尿として排泄できない状態。
指で足の骨の上(番組ではむこうずねのあたり)を10秒押して、
凹みができ、なかなかもどらなければむくみと考えてよいそうです。
ひどいむくみの場合、3~4日で体重が約10kgも増加してしまうこともあるそうです。


スポンサーリンク



慢性腎臓病にかかりやすい体質は?


慢性腎臓病は生活習慣病と関係しているのだそう。
太り過ぎだけではなく、痩せ過ぎも両方が腎臓病にかかりやすいとのこと。

逆にかかりづらい人は、BMIという数値が25以上30未満(肥満度1)の人が1番かかりづらいそうです。
BMIの求め方は以下のとおり。

体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m))

軽い肥満の人がもっともかかりづらいそう。


腎臓に負担をかける食事は?


A.塩分の多い食事

塩分自体が腎臓に負担をかけてしまうのだそう。
厚生労働省による塩分摂取量の目安は1日男性8g、女性7g。
対して日本人の平均塩分摂取量は、1日12.3g。


腎臓に良い食事は?


塩が腎臓に負担をかけるので、減塩が必要。
番組で減塩メニューを紹介。

エビのビスクスープ
エビにふくまれるカロテノイドは尿をキレイにします。
エビの頭などからダシを取れば、塩分を減らせます。

ナスの炒め物
ナスは腎臓の老化を遅らせるアントシアニンを含みます。
炒めるときにはカレー粉を使えば、塩分を減らしてもしっかりした味になります。

玄米おにぎり
人の舌は、全体で味わうと濃く感じるため、
塩を粒で摂るよりも、塩水で全体で味わったほうが濃く感じます。

塩むすびを粒状の塩で握ると、1個あたりの塩分は2~3g。
それを塩水にすれば、0.1gしか使わないのだとか。
100mlに10gの塩をとき、手になじませて握ればOK。これでしっかり味を感じられます。

玉ねぎサラダ
ドレッシングに塩を使いません。

  • 唐辛子      適量
  • おろしにんにく  小さじ1/2
  • ポン酢      大さじ1(塩1.5g)
  • ごま油      小さじ1
香ばしく、ピリ辛の味付けにすることで、塩を使わなくても味がはっきりします。


他番組の減塩回も参考になると思います。
減塩水で減塩生活。TBS『健康カプセル!ゲンキの時間』の「本気の減塩大作戦」まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ