湿布は実は冷えてない!?フジテレビ『バイキング』の腰痛まとめ

この記事の所要時間: 353

マッサージ

2016年5月11日のフジテレビ『バイキング』のヂカギキのテーマは腰痛でした。
推定患者数が2,800万人とも言われる腰痛の疑問を名医にじか聞き。


鍼・整体・マッサージ、どれが1番いい!?


先生によればそもそも腰痛は具体的な病名でなく、ジャンル名。
まずは原因特定のため、最初に整形外科で診察を行うことが必要だそう。
もっとも腰痛の80%は原因不明というデータもあるそうですが・・・。


スポンサーリンク



どんな人が腰痛になりやすい!?


こういう行動をする人は腰痛リスクが高まるそう。
  • 歩きながらスマホを操作
  • 浅く座って脚を投げ出す
  • かばんを毎回同じ手で持つ
  • 長時間のパソコン
  • 横になりながら本を呼んだりスマホをする
  • がに股で歩く

さらに、主婦が腰痛になる危険な行動として
  • 掃除機をかける
  • 台所で調理・洗い物
  • 洗濯物を干す
が上げられます。

腰痛を予防する掃除機のかけ方として、
  • 掃除ロボットや軽い掃除機に替える
  • 前かがみにならない
  • 1部屋ごとにストレッチや休憩をする

腰痛を予防する台所の調理法は、小さい台(高さ10cm程度)の上に片足を乗せること。
両足で立つと腰に負担がかかるためです。

腰痛予防の洗濯物の干し方は、
  • 洗濯物は台の上に置くこと。とるときに前かがみにならないため
  • 目線の高さで干すこと。高い位置で干すと腰が反って負担に


腰に負担の掛からないソファの座り方は?


  • 浅く座らず、深く座る
  • 腰全体で背もたれにより掛かる
  • クッションを使う。腰と背もたれの間の隙間にいれます。
    背骨がS字で固定されるため、腰への負担が少なくなります。
    細長く丸めたバスタオルでも代用可能。


ギックリ腰は温める・冷やすどっちがいい?


難しいと前置きしたうえで、ずばり温めたほうが良いとのこと。
ギックリ腰は炎症が起こり、通常炎症は冷やすのが良いのですが、先生によればギックリ腰の炎症は大したことがないそう。
炎症の周りの筋肉が痙攣などを起こすため、それを和らげるため温めるのが良いそうです。

湿布は炎症を抑える成分があるので有効だそう。
ですが、実は湿布は冷たく感じるだけで冷えていないそうです。
これは温感も同じ。
番組では実際に温度を検証していましたが、温湿布も冷湿布も、貼る前後で温度変化はほとんどありませんでした。

冷感・温感の使い分けは「自分が気持ち良い方を使えば良い」とのことでした。


湿布1枚で2枚分になる天の川カット


七夕飾りに天の川がありますが、湿布をそういう風に切って使う方法。

  • 湿布を約2cm幅で折っていきます。
  • 切れ込みを交互に入れます。
  • こうするとグーンと引き延びるため2枚分に。
湿布は隙間だらけになりますが、隙間にも成分はきちんと浸透するので心配なし。
むしろ隙間により通気性が増し、蒸れたり被れたりしにくくなるそうです。


スポンサーリンク



ギックリ腰の予防法は?


腰に負担をかける急な行動を避けることが大切。特に、
  • 寝起き
  • 洗顔
  • 物を拾う
には要注意とのこと。

ストレッチや筋肉を鍛えても、急な動きには対応できないのだとか。
物を拾う際には、腰を曲げずにしゃがんで。
洗顔の際には膝を曲げて。


どんな体勢で寝るのが腰痛予防にベスト?


寝やすい体勢で寝るのがベストだそう。
そのほうが肉体的にも精神的にも効果的。

ですがあえて良い体勢と言うと、仰向けと横向き。

仰向けの場合は、膝の下にだきまくらを入れると腰への負担が軽減するそうです。
横向きの場合は、きちんと真横で寝ることと、膝の間にだきまくらを入れると良いそうです。


医師が実際にやっている腰痛予防は?


腰みがき体操というものがあるそうです。
  1. 浴槽に背中をまっすぐにつけます。斜めの浴槽でもOK。
  2. ヒザを左右交互に抱えて、おしりの筋肉をストレッチ。
  3. 背中を伸ばしたまま両膝を抱えて、腰と背中のストレッチ。
  4. 以上を熱すぎない温度で10~15分、10回位行います。

もう1つが朝風呂。
寝ている間にも筋肉・関節は固まるので、湯船に浸かることで柔らかくなるそうです。



今週はここまでで、来週続きがあるそうです。
来週は忙しいのでまとめられないかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ