【林修の今でしょ!講座】2017年6月13日放送のダニ撃退法まとめ

この記事の所要時間: 512

ダニ 2017年6月13日放送の「林修の今でしょ!講座」の内容は100件の家を徹底調査!カビ&ダニ撃退法でした。
内容をまとめていきます。

こちらはその2、ダニ撃退法になります。
ダニパートの解説は、NPO法人東京アレルギー・呼吸器疾患研究所 白井秀治先生。

6月は湿度が高く、ダニの繁殖に最適の時期。この時期に卵を生み、7~8月にダニの数がピークになります。
なので今の時期の対策が大事なのだそう。

その1、カビ対策編はこちら
【林修の今でしょ!講座】2017年6月13日放送のカビ撃退法まとめ
その3、PM2.5編はこちら
【林修の今でしょ!講座】2017年6月13日放送のPM2.5の真実、対策法まとめ

スポンサーリンク


ダニが多かった危険な場所ワースト5位:フローリングの溝


ダニは生きるためには潜る場所が必要だそう。
ところがフローリングは木のため、潜る場所がありません。
その中で、板の継ぎ目に溜まったホコリにダニが潜んでいます。

フローリングのダニ対策


モップと掃除機のダブルがけ

掃除機だけかけた場合、排気によってダニの糞や死骸、ダニの餌になるホコリを舞い上げます。
そこで、モップで拭き取った後、掃除機をかけるのがベストだそうです。

また、正しい掃除砲は、木目の溝に沿って掃除機・モップを動かすこと。
溝に対して直角ではダメ。

ちなみに、掃除機に入ったダニが再び出てくることはまず無いとのこと。
吸い込まれた後、ホースにぶつかって死んでしまうそうです。
ただ、古くなったなどで吸引力が落ちた掃除機だと、まれに生きたままというケースもあるとか。

ダニが多かった危険な場所ワースト4位:寝室の布団


寝汗による湿気、皮脂やフケなどの餌が豊富な布団はダニにとって天国のような場所。

ダニがたくさんいる布団で寝ると、ダニの死骸などを吸い込むリスクが増えます。
寝ているため口元が低く、多くのダニの糞や死骸があることになります。

大量にダニを吸い込むと、気道にアレルギー性の炎症が起こることが。
炎症が起こると起動が狭くなり、呼吸困難を起こして苦しくなります。

ひどくなると人工呼吸器が必要になるケースもあるのだとか。

布団のダニ対策


布団を干さないと当然ながらダニは増えます。
ただし、布団干しはダニを殺せるわけではありません。
それは熱くない裏側にダニが逃げるため。

布団干しは、あくまで乾燥させて増えるのを防ぐ対策。

ちなみに布団を叩くのは、一叩きで一匹しか落ちないという実験結果が報告されているそうです。

さて、布団のダニ対策は・・・

布団乾燥機をかけること

乾燥機をかけることで、ダニを死滅させ、乾燥で繁殖を防げます。
ダニは50℃を超えると、20分前後で死滅するそう。
一般的な布団乾燥機は60℃くらいだそうです。

乾燥機がない場合は、コインランドリーも一つの手。
布団の洗浄から乾燥まで全自動で行えるため一網打尽です。

シーツのダニは洗濯で除去できる?


洗濯機で洗うことで、ダニの糞は9割以上除去されるそうです。

ただし、生きているダニは洗濯機を回すだけでは死なないそう。
水道水の中には酸素もあるため、30分程度の洗濯だとダニはすべて死なないとのこと。
また詰め込みすぎると回らずにダニを流せないため、詰め込みすぎずに洗うことがポイント。

除菌スプレーにはダニを寄せ付けない香り(ヒノキの香りや柑橘系の香りなど)があるので、これも1つの方法だそうです。

スポンサーリンク


ダニが多かった危険な場所ワースト3位:キッチンの食品棚


食品棚に小麦粉などの粉を保存していると、そこにダニが入り込み、繁殖します。
たとえ輪ゴムで口をキツく縛っても、その程度の隙間であればダニは入ってしまうそう。

小麦粉の中にはコナヒョウヒダニというダニが多くいるそうです。
これを知らず知らずに食べてしまい、食べすぎた場合、アナフィラキシーショックを起こすことも。

ちなみに火を通してもダメ。アレルギーを起こすタンパク質の一部は、火を通しても変わらないのだそうです。

キッチンの食品棚のダニ対策


小麦粉を冷蔵・冷凍で保存する

冷蔵庫の中は寒く、ダニが繁殖できない温度です。
さらに密閉容器に入れれば、侵入もブロックできます。

ダニが多かった危険な場所ワースト2位:絨毯


絨毯は、掃除機をかけるだけでは十分にダニを取り除けない場合があります。
ダニは暗い場所を好むため絨毯の下の方に潜み、また吸い込まれそうな時は爪で繊維にしがみつき、吸い取られまいとします。

絨毯のダニ対策


ゆっくり一往復させて掃除機をかける

ゆっくり一往復がポイント。
1往復につき5秒以上かけること。

超簡単ダニ撃退掃除機テクニック


部屋を一度暗くしてから掃除機をかける

ダニの生体を利用した方法。
ダニは明るいところを避け、暗いところに移動します。(負の走光性と言うそうです)

その性質を利用して、一旦部屋を暗くしてダニが出てきたところに掃除機をかけるということ。

場所によって違いはあるものの、約3時間暗くしてから掃除機をかけるのが良いそうです。

ダニが多かった危険な場所ワースト1位:畳


畳は湿気を吸いやすい性質があります。ダニにとって好ましい状態。
湿気を押せるのが対策になります。

畳のダニ対策


畳の上にものを置かない

物を置かないと畳が乾燥しやすく、ダニのすみかになりにくくなります。
畳の上に敷物を敷くと、敷物の下でダニが繁殖してしまいます。

昔は畳を水拭きすることをしていました。
これはホコリは取れるものの、湿気を与えてしまうのでダニ対策としては逆効果。

ダニ編まとめ


  • フローリングのダニ対策は、モップで拭き掃除をした後に掃除機をかける。
  • 布団のダニ対策は、布団乾燥機をかける。
  • キッチンの食品棚のダニ対策は、小麦粉を冷蔵・冷凍で保存する。
  • 絨毯のダニ対策は、ゆっくり一往復させて掃除機をかける。
  • 畳のダニ対策は、畳の上にものを置かない。

その3、PM2.5編はこちら
【林修の今でしょ!講座】2017年6月13日放送のPM2.5の真実、対策法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ