【サタデープラス】2017年7月8日放送

この記事の所要時間: 332

足の痛み こんにちは、けんどです。

2017年7月8日放送のサタデープラスのくらしプラスは「芸能人激痛物語 痛風編」がありました。
過去にもサタデープラスで痛風のテーマがありました。
今回はその続編という位置づけのようです。

過去の痛風編はこちらです。
イクラよりたらこが危ない!TBS『サタデープラス』で放送された芸能人の激痛体験に学ぶ痛風予防法まとめ

今回は陣内孝則さんが痛風になったようです。

スポンサーリンク


夏に多い!痛風ってどんな病気?


生活習慣が主な原因で、足などの関節に激痛が走る病。
想像もできない激痛が場合によっては数日続く場合も。

  • 30歳以上男性の3人に1人が痛風予備軍
  • 女性も50代から急増
  • は要注意 発症のピーク

結晶化した尿酸が溜まることで発症します。
尿酸の原料となるのがプリン体。
プリン体はビールやたらこなど魚卵に多く含まれます。

プリン体が増える原因は食べ物だけではない!?


陣内孝則さんは普段から食べ物に気を使っていたそうです。

ではなぜ痛風にかかったかというと、

体内にあるプリン体の1/3だけが食事由来。
のこり2/3は体内で作られる


なので食事を気をつけていても痛風になる可能性があるということ。

そもそもプリン体は痛風の原因でよくないものというイメージですが、実は新陳代謝に使われる必要不可欠な成分なのだとか。
なので体内で作られているわけですね。

もっとも痛風が少ない県、群馬県から学ぶ痛風予防法


ソウルフードに隠された優秀食材


モツ鍋 群馬県民のソウルフードとはもつ煮。
ですが優秀食材とはもつではなく、一緒に入っているこんにゃく。
こんにゃくいも生産量がダントツ一位の群馬県。

ポイントは、こんにゃくがアルカリ性食品だということ。
痛風の元凶と言われる尿酸は、ほとんど尿から排泄されます。

尿酸はアルカリ性の液体に溶けやすい性質があります。
尿をアルカリ性に傾けることで、多くの尿酸を排泄できるということです。

肉類は酸性食品、こんにゃく・野菜・海藻類はアルカリ性食品なので、アルカリ性食品を多く食べることで痛風予防に期待ができます。

地元ならではこんにゃく料理


こんにゃくの唐揚げ
歯ごたえが独特で美味しいそうです。

Cpicon コンニャクの唐揚げ by ひふみ13

スポンサーリンク


群馬県民の気質が痛風予防に?


かかあ天下 群馬名物らしいかかあ天下
これが痛風と何か関係があるんでしょうか?

奥さんが食生活をしっかり管理しているため、痛風の原因になりやすい飲酒も群馬県はかなり少ないそうです。
また旦那さんの家事手伝い率が全国2位。家事で体を動かすことも予防につながっているかも?

地元スーパーで乳製品を大量発見!


牛乳 群馬県は酪農が盛んで、スーパーで売られている牛乳・ヨーグルト・チーズと種類の量が非常に豊富。

これら乳製品に含まれるカゼインというタンパク質が、尿酸の尿からの排出を手助けしてくれると考えられているそうでう。

実際に、47,150人を12年間追跡調査した結果、

1日1杯の牛乳で、痛風発症率が43%も減少した

というデータがあるそうです。

長く続けることが大事。カロリーが高いため、低脂肪乳が望ましいそうです。

痛風発症率ワースト1位は高知県


おまけで痛風発症率ワースト1位という不名誉な記録のある高知県。

高知県の人はとにかくお酒好き。お酒に支出額は全国ダントツ1位。
また返杯という、お酒を注ぎ、また相手に注がれる、というのを繰り返す風習もあります。
しかもおちょこは底がコマのようになっていて、飲み干さないと置けないようになっているという・・・。
これではお酒の量も自然と多くなりますね。

まとめ


  • 痛風の原因である尿酸、その材料のプリン体は体内で作られるものの方が多い。
  • 尿酸は尿をアルカリ性にすることで排出が促進される。
    こんにゃくなどアルカリ性の食品を摂るとアルカリ性にできる?
  • 乳製品に含まれるカゼインが尿酸の排出を促すといわれている。

最後までお読みいただきありがとうございました。

過去のサタデープラスまとめを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ