【健康カプセル!ゲンキの時間】2017年7月9日放送まとめ 

この記事の所要時間: 36

汗 こんにちは、けんどです。

今回の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは「汗」でした。

スポンサーリンク


かいても意味がないムダ汗とは?


体温調節のためにかく汗ですが、かいても体温調節にならないムダ汗というものがあるとか。

以下のどちらがムダ汗でしょうか?

  • 玉のような汗
  • 肌が湿っているだけであまりかいているように見えない汗

汗は蒸発して体の熱を奪うことではじめて体温調節の役に立ちます。
ムダではない汗は、うっすらと、まんべんなくひろがる汗。
表面積が大きいため、すぐに蒸発します。

こういう汗は薄く広がっているため、一見するとあまり汗をかいているようには見えません。

一方、玉のような汗は大粒のためあまり蒸発しません。
つまり玉のような汗がムダ汗ということ。

なぜムダ汗をかくかというと、汗をかく器官である汗腺が機能低下しているため
機能低下している汗腺からは汗が出ず、そのぶん正常な汗腺から多く汗が出るため大粒の玉のような汗になります。
ようするに汗の出方にムラがあるということですね。

なぜムダ汗をかく人とかかない人の違いは?


ずばり、運動習慣

普段から運動をしている人は良い汗をかきやすく、普段運動しない人はムダ汗をかきやすいということ。

さらに汗の成分を調べると、ムダ汗の方はナトリウムが多く含まれています。
通常ナトリウムは汗と一緒に出ても導管で再吸収されます。
ですが運動習慣のない人は再吸収能力も衰えているため、排出されやすくなります。

そのためナトリウムが不足しがちに。
不足すると、疲れやすい・強い疲労感などの症状が出ることも。

衰えた汗腺を復活させるには?


1週間に3日20分程度の運動をすることで復活します。

ですが運動する時間がない人のために、自宅で出来る汗腺刺激トレーニング法が紹介されていました。

スポンサーリンク


自宅でできる汗腺刺激トレーニング


足湯 43℃の熱めのお湯に両手両足をつけます。

指には熱いものに触れると拡張する血管が大量にあります。
拡張した血管内の血液を温め、効率よく前進を温められます。

うっすら汗をかくまで毎日続けると、2週間ほどで効果が出るとか。

辛くなくても汗をかける?


梅干し 汗をかく食べ物と言えば辛いもの。

ですが「辛いものは苦手・・・」という方でも梅屋レモンで汗をかいても汗腺刺激になります。

番組では、梅干し専門店「うめ八」の梅干しを使って梅醤番茶を作っていました。

うめ八の楽天ページはこちら
梅干し専門店うめ八

梅醤番茶のつくり方

  1. オーブンで3~5分梅干しを焼きます。
  2. お好みでショウガと醤油を入れます。
  3. 熱い番茶を注げば完成。梅干しを潰して飲みます。

焼き梅干しには血液サラサラ効果・ダイエット効果が。
ショウガには基礎代謝アップによる免疫力向上・デトックス・美肌効果があるそうです。

熱風で楽しみながら汗をかく 岩盤浴「風」


でんじろう先生慣習の岩盤浴。
空気砲で発汗を促すアロマと熱風を楽しむことが出来ます。

サイトはこちら
http://yukemurinosato.com/tsunashima/ganbanyoku

まとめ


  1. 汗には体温調節の役に立つ汗と立たない汗(ムダ汗)がある。
  2. 役に立つ汗はまんべんなく、パッと見汗を書いているように見えない汗。
  3. 運動習慣のない人はムダ汗をかきやすい。
  4. 運動など発汗の機会を増やすことで衰えた汗腺が復活する。

最後までお読みいただきありがとうございました。

過去の「健康カプセル!ゲンキの時間」のまとめを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ