【健康カプセル!ゲンキの時間】むくみ解消法まとめ(2017年7月16日放送)

この記事の所要時間: 432

むくみ こんにちは、けんどです。

2017年7月16日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」はむくみ解消でした。
簡単にできるむくみ解消法を紹介、という内容です。

スポンサーリンク


むくみの原因は何?


よく言われるのが水の摂り過ぎですが、これは違います。
水分を取りすぎたとしても、原則排出されるためむくみの原因にはならないそう。

本当の原因は「肉や魚などを食べない」こと。

血管内のタンパク質が不足すると、水分調整ができなくなりむくむのだとか。

またあるき過ぎると足がパンパンになるといいますが、歩き過ぎると筋肉の炎症や疲労物質が溜まることによって足が張ります。
これをむくみと勘違いしている人が多いようです。

そもそもむくみって?


そもそもむくみとは、血液中の水分が細胞間に染み出し、その水分が何らかの理由で静脈やリンパ管などに回収されず溜まってしまう状態。

極端にむくむと、靴が履けなくなるなどして運動不足に。そしてさらにむくむという悪循環になります。
また単なるむくみと思っていたら、下肢静脈瘤という病気が隠れているケースも。

タイプ別・むくみの原因


お酒


アルコールを摂ると、毛細血管から水分が染み出しやすくなります。
さらに利尿作用があるため、トイレが近くなりますます水分が欲しくなります。

ふくらはぎのむくみには


ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、筋肉の収縮によりポンプのように血液を心臓に返してくれます。
足の筋肉を動かし、静脈の流れを促すのがむくみ対策として効果的。

塩分のとりすぎ


ラーメン 血管の塩分(ナトリウム)濃度が高くなると、血液中の塩分を薄めようと血管内の水分も多くなります。
結果血管が膨張して、水が染み出しやすくなります。

塩分排出効果のあるカリウムを摂ると効果的。
枝豆や豆腐など豆類・アボカド・きゅうりや海藻などに多く含まれているそうです。

食塩感受性


太っている人は、摂取した塩分を適切に排出することが出来ず、体内に溜め込む傾向があります。
塩分がむくみの原因になるのは前述の通り。

むくみ解消法ランキング


第2のポンプであるふくらはぎにアプローチしたこれらの方法はいずれも効果的。
番組ではこれらのむくみ解消法を実際にむくみ解消度合いでランキングしていました。

第1位:ふくらはぎパンパン法


ふくらはぎを両手で挟むように、手のひらで少し痛いと感じるくらい強めに叩きます。
叩く方向は、足首から膝に向かって。
ふくらはぎの裏側も拳で叩きます。

第2位:貧乏ゆすり


椅子に座って足をゆすります。
かかとではなく、つま先を上下させるのがポイント。

第3位:青竹踏み


つま先を床につけたまま、かかとを上下させます。
椅子や壁に手を付けると安定します。

第3位:着圧ソックス


むくみ解消ソックス むくみ解消の着圧ソックス。ポイントは以下2つです。

  • 血行促進
  • 段階圧力設計(締め付ける強さが場所によって段階的に調整されていること)

これら2つの記載があるものなら、医療用と同等の効果が期待できるそうです。
就寝時に使用して良いものと悪いものがあるので、買うときにはしっかりと確認を。

第5位:ドライヤー温風温め


あまり近づけすぎず、心地よい暖かさをキープすること。

スポンサーリンク


ダブルで効果!:第3のポンプ、呼吸ポンプ


深呼吸 深呼吸をするだけで、静脈の流れが改善します。
このしくみは灯油を入れる時に使う灯油ポンプのようなもの。

手で凹ませる部分が胸に当たります。
凹ませて、戻った時に灯油を吸い上げてくれます。この灯油が血液。
深呼吸が、凹ませる行為にあたります。

ふくらはぎのポンプと呼吸のポンプを組み合わせることで、ダブルの効果が見込めます。

これらのむくみ解消法は、むくむ前に1日数回、気がついた時に行うと良いそうです。
また深呼吸は、よく吐いてから吸うとたくさん息が吸えて効果的だそうです。

顔のむくみ解消。5分でできるウンパニ体操


顔のむくみ 「ウンパニ」と言いながら表情筋を動かし、ポンプ作用により血流を改善してむくみを解消する方法。

「ウ」
口をとがらせ目を大きく見開きます。

「ン」
目をつむり、顔が中心に集まるイメージで。口角を上げるのがポイント。

「パ」
驚いた顔を作り、顔の筋肉の緊張を開放します。

「ニ」
広角を思い切り上げ、笑顔を作ります。

「ウンパニ」リズムよく繰り返します。
1セット10~20回、間隔を空けて3セット行います。

そのむくみ、病気かも?むくみの方程式


寝ると治るむくみは心配なし。
1週間以上続くと病気のサイン。

足のむくみ+お腹のむくみ=肝臓病


肝臓の機能低下により水分を保持するアルブミンが減少。
その結果、血管から水分が染み出しむくみます。

タンパク質が少ないとアルブミンが不足します。

足のむくみ+せき・動悸、息切れ=心臓病


心臓の機能が低下すると血流が悪化。それが足のむくみに。
肺の血流も悪くなるため肺の中に水分が染み出し、それを排出しようとせきや息苦しさという症状が現れます。

むくみ対策法まとめ


  • むくみの原因はタンパク質不足や塩分摂りすぎなどいくつかある。
  • むくみ対策法は第二のポンプふくらはぎに加え、第三のポンプ呼吸を組み合わせると効果的。
  • むくみは基本的に生理現象だが、中には病気のサインである場合もある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ