10月10日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!!」「国家とはどうあるべき?」内容まとめ – その8「各主義の理想と現実」

この記事の所要時間: 334

10012162166_cde34d427e

国家とはどうあるべき?


こちらはその8、最後になります。
その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら
その5はこちら
その6はこちら
その7はこちら


いよいよ佳境です。ここまで読んでくれた方お疲れ様でございます。

民主主義や資本主義などの各主義にはその理想的な展開と現実はどうであったか、ということが説明されました。



それぞれの主義の良い点・悪い点


番組では理想と現実、という言い方をしてましたが、こちらのほうが分かりやすいと思ったので変えています。


主義良い点(理想)悪い点(現実)
独裁何事も素早く決められる反対派を弾圧・人権侵害 暴走を防げない
民主主義多くの意見を取り入れられる物事を決めるのに時間がかかる
社会主義平等で公平な社会になる働かない人が増え、経済が落ち込んだ
資本主義自由に金儲けができて豊かになる格差社会が生まれた



民主主義の悪い点の実際の例 – ベルギー


ベルギーでは2010年から2011年の実に540日間も内閣が組閣出来ず、政治空白状態となりました。

「世界最長の政治空白」なのだそうです。


さらにこんな例も。


スポンサーリンク



民主主義から独裁が生まれた – ドイツ


第一次世界大戦後のドイツ。ドイツ革命により皇帝のいた帝制のドイツ帝国が倒れ、共和国となりました。その憲法がワイマール憲法。

このワイマール憲法、当時「世界で最も民主的な憲法」と言われた憲法です。始めて生存権が明示された憲法としても有名ですね。

この憲法の元、かのアドルフ・ヒトラー率いるナチス党が選挙で勝利、ヒトラーは首相に就任します。

その後、憲法を変えずに憲法の解釈を変えて、大統領と首相を一緒にした「総統」を作り、それに就任し、独裁者となりました。

民主的な選挙により、独裁者が生まれてしまったわけです。これを「民主主義のパラドックス」と言うそうです。



選挙で選ばれた=国民の意見を反映している?


多数決は民主的なのか?という問いです。「当然では?」と考えるかもしれませんし、通常そうなのでしょうが、番組では次のように「そうではない」ケースを示していました。

以下は小選挙区制(1選挙区で1人のみ当選できる)での選挙の得票数を示しています。赤字になっているのが当選です。

 1区2区3区4区5区6区7区8区9区10区
A党の票4444440000
B党の票33333310101010
C党の票2222200000
D党の票1111110000


つまり、A党が1~6区で4票を取り当選。6議席を得ました。B党は7~10区で圧倒的に勝利。4議席獲得です。

この場合A党が過半数を持っていますから、A党の意見が反映されることになります。

ところが得票数で見てみると・・・

A党:24票
B党:58票

となります。つまり民意はB党を支持しているのでは?ということになります。あくまで理論上は、ですが。

そうは言っても最終的には多数決で決めなければなりません。だからと言ってすべて多数決で決めてしまえ、となればそもそも審議する必要など無くなります。

そこで必要なのが「熟議」十分に議論を尽くすこと、なのだそうです。

ですが、中には「反対のための反対」をして、ただただ対立が深まるだけで熟議などできず、多数決で決定する、ということにもなりえます。

ここが民主主義の難しい点なのでしょう。


スポンサーリンク



その8まとめ


各主義の理想と現実、後半は民主主義の難しさ、に焦点が当てられました。

「民主主義のパラドックス」については、個人的に「地獄への道は善意で舗装されている」ということわざを思い出しました。ニュアンスは違うとは思いますが。

またウィンストン・チャーチルの有名な「民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けばだが」という言葉も民主主義の難しさをよく表していると言えるでしょう。

民主主義はそれだけで万事OKという便利な道具ではないということですね。


まとめ


非常に長かったです。途中で書いた内容が失われてなんとかサルベージしたりと大苦戦でした。

ですが面白い番組だと思うのでまたまとめたいと思います。


photo credit: World Map – Abstract Acrylic via photopin (license)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ