ノンストップ!のOneDishコーナーでV6坂本昌行さんが紹介したお店とレシピまとめ

この記事の所要時間: 513

14560190341_166443dd29

ノンストップ!にてV6の坂本昌行さんのOneDishというコーナーがありました。

ぶらり旅の様なコーナーですね。こういうほのぼのした雰囲気は好きです。

今回は寅さんでおなじみの葛飾柴又でした。昔ながらのノスタルジックな感じが素敵です。

ここで紹介されていたお店と、作っていたボリューム生春巻きのレシピをまとめました。



江戸時代から!柴又で最も古い建物のお店


関連ランキング:和菓子 | 柴又駅新柴又駅



くず餅中心のお店だったそうですが、四代目が考案した「あぶり和三盆 米米ロール」や

お米の粉を使った和風メレンゲという「お米のロッシェ」という一風変わったお菓子も扱うようになっているようです。

「とろなま和プリン」というのも。和三盆を使用していますね。こういうところがもと和菓子屋という感じがします。

坂本さんは「塩どら」を注文していました。天然塩と純生クリーム、北海道産大納言を使用したどらやき。さっぱりとした味が特徴だそうです。


スポンサーリンク



オリジナルのTシャツ体験できるお店


落書き工房

お店が開発した特殊な塗料でTシャツに絵を描けるんだそう。そのため絵を描いてから5分でお渡しできるとか。Tシャツ手描き体験は1,620円。

坂本さんも体験。青をベースに黄色で影を描いた「OneDish」の文字。普通ですいません、と言っていましたが、ぶっつけ本番でこれなら上手だと思いました。

店先にもHPにも書いてありましたが、オリジナルの家門も作れるそうですよ。


昭和の香りたっぷり! レトロな喫茶店


関連ランキング:喫茶店 | 柴又駅新柴又駅


有名なお店らしいですね。

坂本さんが手にとっていた『明星』はいつのものかは分かりませんが、若かりし頃の千葉真一さんが・・・。プレミアの付いてそうな本ですよ。

また「ミルキーセピア」なる飲み物が気になっていた坂本さん。昭和52年のりぼんに掲載された陸奥A子さんの作品『ミルキーセピア物語』に出てきた飲み物なのだそう。

ホットミルクにウィスキーを入れて飲む飲み物だそうです。ウィスキーをいっぱい濃く入れるとセピア色になるそうで、名前の由来はそれでしょうか。お値段は600円。

坂本さんによれば、飲みやすくて、いっぱい飲んじゃうそうな。

少女マンガに出てくるのに大人な飲み物だなーと思っていたら、原作では主人公?の女の子が飲むそうで、良いんだろうか・・・(笑)。


創業60年の自慢の味 アイハラコロッケ

肉のアイハラ

東京都葛飾区柴又1-4-14


肉屋さんのコロッケって美味しいですよねー。ここもそうです。アイハラコロッケ創業60年の自慢の味。

仙台牛の端材が出たり美味しいスジが出たりするのを再利用しているコロッケ。昔懐かしい味だそうです。

ここで買った仙台牛のあいはら小間(100g398円)で料理をつくるそうです。


ボリューム生春巻き


材料(2人分)

・ライスペーパー 4枚
・プレーンヨーグルト(無糖) 大4
・サラダ油 小1
・にんにくみじん切り 1/2片
・牛きり落とし肉 160g
・焼肉のたれ(市販品) 大1
・紫タマネギ(薄切り) 1/4個
・セロリ(斜め薄切り) 1/2本
・グリーンカール 小4枚
・エビ(茹でて半分に切る) 4尾
・青じそ(縦半分に切る) 4枚

こちらはソースです。
・プレーンヨーグルト(無糖) 大2(ライスペーパーに塗る分とは別)
・レモンの絞り汁 小1
・砂糖 小1
・にんにくすりおろし 適量
・ナンプラー 小1
・一味唐辛子 小1/2~1


スポンサーリンク



通常水で戻すライスペーパーを、なんとプレーンヨーグルトで戻すんだそうです。ライスペーパーがヨーグルトの水分を吸って戻ります。そしてヨーグルトは水切りヨーグルトのような濃厚さになります。

1.大さじ1杯分をライスペーパーにまんべんなく塗ります。塗ったら、5分置きます。

2.ソースの材料をすべて混ぜていきます。

最後の一味唐辛子は結構な量なんですが、ヨーグルトのおかげでからさもマイルドになるんだそうです。

3.フライパンににんにく(みじんぎり)を入れ、香りが出たら牛切り落とし肉を入れます。色が変わったら焼肉のたれで味付け。

4.戻ったライスペーパーの中央にグリーンカールを横に置き、その上にセロリ、紫タマネギをグリーンカールに合わせるように横に並べます。その上に3.の肉を置きます。そうしたら半分だけ巻きます。

5.半分巻いた上に青じそを置き、さらにその上にエビをのせます。

6.ライスペーパーの横にはみ出した部分を折りたたみ、万能ネギを置いて最後まで巻けば完成。ソースを付けていただきましょう。

このレシピは雑誌ESSE11月号229ページに掲載されているそうです。文字だけでは伝わりづらいかと思うので、こちらでご確認されても良いかと思います。



生春巻きに慣れている方はぜひチャレンジを。牛肉とエビで食べごたえがすごくありそうでした。

さすがジャニーズが作る料理という感じ。上品でオシャレな料理でしたね。


まとめ


個人的に「あぶり和三盆 米米ロール」が気になりました。ロールケーキなのですが、まわりにお米?のような物が付いていて、まるで雪が降っているようでした。見た目も綺麗でしたね。

「ミルキーセピア」も気になります。ミルクとウィスキーとは一体どういう味なんでしょうね。

原作では初デートで眠れない主人公にお姉さんが眠れるようにと飲ませた飲み物だそうです。よく眠れたようなんですが、効きすぎて寝坊してしまう、というオチ。

いかにも70~80年台の少女マンガの展開という感じですねー。



photo credit: Asakusa via photopin (license)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ