10月24日放送「池上彰のニュースそうだったのか!」「新たな世界に突入SP」まとめその1 – 難民問題理解度チェックとヨーロッパへの難民ルート

この記事の所要時間: 452

3299432252_5c9aa8b856


10月24日に『池上彰のニュースそうだったのか!』が放送されました。今回は生放送でしたね。

今回は3つのテーマを2時間にわたって池上彰さんが解説されていました。

難民問題、ロシアの巡航ミサイル発射、中国の人工島です。

ただ時間配分としては、最初の難民問題が半分の1時間を取っていました。なのでこのまとめも難民部分が多めです。


前回10月10日放送のまとめもありますのでこちらもどうぞ。
10月10日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!!」「国家とはどうあるべき?」内容まとめ – その1「独裁国家」


その1では難民問題に関する理解度チェックと、難民がヨーロッパを目指すルートまでになります。

今年に入り、シリアからヨーロッパへの大量の難民が発生。戦後最大の難民問題と言われています。それに関する理解度チェックです。

理解度チェック


Q.「イスラム国」が台頭し今年世界で一番難民を出した中東の国は?


A.シリア



Q.シリア(人口2240万)は紛争開始以来(2011~)何人の難民が出た?


A.約400万人。5、6人に1人が国外へ脱出したことになります。


Q.シリア難民をヨーロッパで一番受け入れている国は?


A.ドイツ

ヨーロッパのシリア難民申請者数

ドイツ 約12.5万人
セルビア 約10.9万人
スウェーデン 約8万人
(※UNHCR HP 2011/4~2015/9)

※難民申請している時点で受け入れている、ということになります。


Q.日本に難民が来たら追い返せる?追い返せない?


A.追い返せない

難民条約(難民の地位に関する条約)により、追い返せません。難民条約は、世界145ヵ国が同意する(日本も批准)、難民を保護する取り決めです。

ただし日本はとても難民に厳しい国とのこと。


Q.難民の衣食住などのお金は基本的に誰が出す?


A.難民を受け入れた国



Q.難民と移民の違いを説明すると?


A.難民…戦争などの理由で国外に脱出した人。移民は貧困の脱出やチャンスを掴む、といった理由で国外に脱出した人。



Q.日本はタイに逃げたミャンマー難民を受け入れたことがあります。このように、難民を第三国が受け入れる制度を漢字5文字で?


A.第三国定住と言うそうです。この制度で今後シリア難民を日本が受け入れるかもしれません。



シリア難民がヨーロッパを目指すルート


先ずトルコに逃げ出します。トルコとシリアの国境は長いため、すべてに目を光らせることが出来ないので密入国するケースもあるし、正式にパスポートを持って出国することもあるそうです。

トルコに入ると、基本的にひたすら歩くそうです。ただしお金がある人は、列車やバスに乗ることもあるそうです。

そうして陸路でブルガリア→セルビア→ハンガリー→オーストリア→ドイツへ向かいます。全工程は約3600km、日本で言うと北海道の北端から鹿児島県の南端までが2400kmとの事。気が遠くなる距離ですね。


シリア→ドイツの中継国

シリア→ドイツの中継国





難民を増殖させた意外な理由


難民たちはこれだけの工程を歩くにもかかわらず迷わないそうです。それがGPSのついたスマホを持っているからです。

今年になって急に難民が増えたのが、スマホをみんな持つようになったからです。技術の発達により、今まで危険な国内に留まらざるを得なかった人たちが難民として出国できるようになったんですね。

SNSなどで例えば「ドイツは難民に対し手厚い保護をしてくれる」という情報が伝わり、皆がドイツを目指すようになった、という背景だそうです。

スマホはすぐにバッテリーが切れてしまうことが問題ですが、スマホの充電をしてくれるボランティア団体がいるからそれも心配ないとのこと。通信料はプリペイドカードを買って賄っているそうです。


もう一つのルート 地中海ルートとシリアだけではない難民


リビアのカダフィ政権が倒れた後、内戦状態になったため、この国の人達はボートに乗りイタリアやギリシャを目指しています。

さらにアフリカのマリなども内戦状態のため、歩いて地中海までたどり着き、そこからボートに乗るのだとか。

アフガニスタンやパキスタンからも延々陸路を通ってヨーロッパに向かう難民がいます。



まとめ


第三国定住という言葉は初めて聞きました。

スマホでインターネットの情報を共有できるようになったことで、難民が増えた、脱出できるようになったというのは素晴らしいことではあると思います。

もちろん出国する必要など無くなることが一番いいのですが。

難民が国境を突破しようとしている映像はなかなかショッキングです。難民たちも必死ですからしょうがないでしょうけれど。島国の日本にいるとこのあたりのイメージがやはりつきにくいですね。

その2では難民を受け入れた後どうするのかと、難民問題が大きくクローズアップされた有名な写真についてです。リンクは↓。

10月24日放送「池上彰のニュースそうだったのか!」「新たな世界に突入SP」まとめその2 – 難民受け入れに消極的な国を動かした写真



photo credit: Palestine_RefugeesOnTheMove-10-30-1948-Jalil_23_NK10970 via photopin (license)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ