レモンの6000倍の抗酸化力!11/25バイキングひるたつのサケの食べ方まとめ

この記事の所要時間: 446

14921925827_84a70839fd

今日のバイキングひるたつは、しみ、シワ、がん予防、血液サラサラに効果があるサケの食べ方&食べ合わせでした。

解説は食事療法の専門家・西台クリニック院長、済陽(わたよう)高穂先生。

早速行きましょう。


レモンのなんと6000倍!アスタキサンチン


サケはなぜしみ、シワに効果があるのでしょう?

アスタキサンチンという抗酸化成分が豊富に含まれているから。

サケは白身魚。本来は白いサケの身を赤くしているのが、アスタキサンチン。


スポンサーリンク



サケは御存知の通り、産卵のために川を遡ります。川を遡るというと大変な運動です。この運動で発生する活性酸素による酸化を防ぐため、サケは赤い色素プランクトンやカニの幼生を食べています。これがアスタキサンチン。

成分の抗酸化力の違いを表にしました(番組では棒グラフ)。レモンに含まれるビタミンCを1とした場合の数値です。

レモンのビタミンC1
にんじんのβカロテン1224
トマトのリコピン3750
サケのアスタキサンチン6000


圧倒的ですね。

先生によれば、ミス・ユニバースの合宿のプログラムには、1日2回鮭を食べる、というのがあるそうです。これもまた鮭の美容効果を表す証拠になりそうです。


アスタキサンチンを多く含むサケは紅鮭


名前の通り、より赤い紅鮭がより多くのアスタキサンチンを含んでいるそうで、一般的な銀鮭が1.4mgに対し、紅鮭はおよそ倍の2.7mgだそうです。


そんなサケも、食べ方により効果に違いが出てくるそうです。ここから、いつものクイズ形式で番組が進みます。


アスタキサンチンを効果的に摂取できる調理法は蒸す?焼く?



A.蒸す



蒸す他にも煮るのがアスタキサンチンを効果的に摂取できる料理法だそうです。実は



アスタキサンチンは高温になればなるほど減ってしまう。



とのこと。焼いた場合の残存率は50%。それに対し、



蒸した・煮た場合の残存率はほぼ100%(97%)。



なのだそう。ちなみに揚げた場合は焼くよりも残らず、残存率は40%です。

一方生なら100%。サーモン寿司が一番良いということになりますね。


サケの皮は食べたほうが良い?



良い



サケの皮にはコラーゲンが豊富。さらに皮のすぐ下の層には、DHA、EPAといった不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。これもまた、抗酸化力が高い成分となっています。




アスタキサンチンを効果的に摂取できる食べ合わせはキャベツ?ブロッコリー?



A.ブロッコリー



ビタミンCを含む食材と一緒に食べると、アスタキサンチンは倍増



するそうです。ブロッコリーはビタミンCを豊富に含む食材。合わせて食べることで高い抗酸化力を期待できるのだそうです。

ホイル蒸しにブロッコリーを入れると一番良い抗酸化レシピとなります。また、焼きサケにレモンを絞ってかけるのも良いです。

サケの健康効果

美肌、認知症予防、がん予防、血液サラサラ効果

サケと一緒に食べるとがん予防に効果的なものは?



A.大豆



大豆食品ですから豆腐、納豆、味噌汁などでしょうか。

大豆に含まれるイソフラボンはサケと一緒に摂ることで、ビタミンDが増加します。

このビタミンDが抗がん作用が高いため、がん予防になる、ということ。


血液サラサラに効果的なサケの食べ合わせは?



A.オリーブオイル



サケに含まれるEPAに血液サラサラ効果があります。

一方オリーブオイルはオメガ9系不飽和脂肪酸。コレステロール、中性脂肪をコントロールしてくれます。

このオリーブオイルベースに、トマト、パプリカ、玉ねぎなど血液サラサラ効果のある野菜を合わせ、ソースなどを作るのが非常に良いということでした。


スポンサーリンク



先生オススメ、鮭を使った簡単レシピ – サケとアボカドのサラダあえ


材料
  • 刺身用サーモン 8切れ
  • アボカド 1つ
  • レタス 少量
  • オリーブオイル 適量
  • 塩・コショウ 少々

作り方
  1. レタスや白菜などを食べやすい大きさに切ってボールに入れます。
  2. 一口大に切ったサーモンを入れます。
  3. 角切りにしたアボカドをのせます。
  4. オリーブオイルをおこのみで適量かけ、塩コショウで味を整えて混ぜあわせれば完成。


要は全部入れて混ぜればOKというとても簡単レシピ。

ですが色も良いし、スタジオの評判もとても良かったですね。


まとめ


  • サケに含まれるアスタキサンチンの抗酸化力はレモンに含まれるビタミンCの6000倍
  • アスタキサンチンを摂るならサケは焼く・揚げるよりも煮る・蒸す・生で食べるのが良い
  • サケの皮も食べたほうが良い
  • アスタキサンチンを摂るならサケはブロッコリーと一緒に食べるのがよい
  • がん予防にはサケと大豆食品を一緒に食べるのが良い
  • 血液サラサラ効果にはサケとオリーブオイルが良い

サケが健康に良いイメージというのは無かったのですが、抗酸化力がこんなに優れているとは意外でした。

寿司ネタのサーモンは好きなので、今後もたくさん食べようと思います(^^



番組でも登場した、15万部を突破した済陽高穂先生の本はこちら↓





photo credit: 三文鱼刺身 via photopin (license)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ