大河ドラマ『真田丸』キャストと配役武将の紹介 – 小松姫役の吉田羊さん

この記事の所要時間: 410

城飾り

大河ドラマ『真田丸』のキャストと演じる武将を紹介する第6弾。今回は武将ではなく姫です。小松姫役の吉田羊さん。

第5弾の本多忠勝の記憶がまだ新しいうちに書いておきます(^^;


吉田羊さん


株式会社 ORANKU(おらんく)所属。公式サイト本人ブログ

2015年に非常に活躍されてますね。女優としては「第40回 報知映画賞」で助演女優賞や「東京ドラマアウォード2015」で個人賞・助演女優賞を受賞されています。

それ以外には「第44回ベストドレッサー賞」、「Women of the Year2015」、「ベストジーニスト賞」も受賞していて、本人も「羊年景気」と言っているとか。未年年と自分の名前をかけています。念のため。


スポンサーリンク



1997年より10年間、小劇場で実力を磨き、2007年に舞台での演技を藤尾隆監督に見初められ、昼ドラ『愛の迷宮』に出演してドラマデビュー。

そして翌年2008年、NHK連続テレビ小説『瞳』に出演したところ、テレビを見ていた中井貴一さんにこれまた見初められ、三谷幸喜さんに引きあわせてもらいました。これが転機であったと本人もおっしゃっているようです。

それから次々と出演経験を積み、大河ドラマにも出演されています。

江〜姫たちの戦国〜(2011年2月 – 9月) – 清原いと→清原マリア 役
平清盛 第7話 – (2012年2月 – ) – 春子(佐藤義清の妻) 役

吉田羊 – Wikipedia


今回が3度目の大河ドラマ。後述しますが、小松姫は信幸の妻ですので重要な役どころで出番も多かろうと思います。

演技を評価されて、ブレイクするべくしてブレイクした方ですから期待して見たいと思います。



本多忠勝の娘、真田信幸の妻小松姫


徳川四天王の1人で猛将の本多忠勝。その娘が小松姫です。

小松姫は真田幸村の兄、真田昌幸の長男の真田信幸と結婚した人です。

真田信幸が関ヶ原の戦いにおいて昌幸・幸村と分かれ東軍についたのは、小松姫を妻にしていたこと大きいです。

ちなみにコーエーテクモの『戦国無双』では『稲姫』という名前で登場しています。稲姫は幼名です。

どういう経緯で2人が結婚することになったのかは、本多忠勝の回で書きましたが、こちらにも書いておきますと、

徳川家と真田家の戦い、有名な第一次上田合戦で真田家は大勝します。

この報せを聞いた本多忠勝は、徳川家康に真田家を味方に引き入れることを提案、家康もそれを承諾し、婚姻が決まりました。

徳川家と真田家は豊臣秀吉を通じて和解はしていたものの、真田昌幸は大の徳川家康嫌い。最初は婚姻を嫌がっていたものの、その利点を信幸に諭され承諾しています。

その後小松姫と会った昌幸は彼女を気に入り、信幸にはもったいない嫁だと言ったとか。冷静沈着なイメージのある昌幸ですが人間味のある所もありますね。


スポンサーリンク



小松姫最大の見せ場 – 沼田城を守る


このシーンはまず間違いなく『真田丸』にも登場すると思うので、覚えておいて損はないと思います(^^

時は関ヶ原の戦い直前。真田家は東軍につくか西軍につくかを、昌幸・信幸・幸村の3人で話し合い(犬伏の別れ)、結果信幸は東軍に、昌幸・幸村は西軍に付くことに決まります。

真田昌幸・幸村は居城の上田城に向かう途中、小松姫が留守を守る沼田城に向かい、そして孫(真田信幸の子)の顔を見たいので入城したいと伝えます。この際、昌幸はあわよくば沼田城を奪おうと考えていたとも言われています。

ですが小松姫はすでに敵同士なので入城は認められないと固辞。一戦をも辞さぬ覚悟で自ら鎧を身に纏ったといいます。その態度に昌幸も感嘆し、入城せず引いたと言われています。

さらに、翌日入城できなかった昌幸・幸村が近くの正覚寺で休憩していると、小松姫が子を連れて現れ、昌幸が望んでいた孫との対面を果たさせたと言われています。

このことから非常に機知に富み、度胸の据わった女性であることがわかりますね。さすがあの本多忠勝の娘というところでしょうか。


ちなみに正覚寺は現在もあります。

群馬県沼田市鍛冶町938


近くの沼田公園に沼田城跡がありますので、大分近いですね。もし沼田城跡を観光する折はこちらも訪れてみると良いのではないでしょうか?


1626年、死去。真田信幸は「我が家から灯が消えた」と大いに落胆したそうです。小松姫のお墓は、子を昌幸に会わせた例の正覚寺にあります。

まとめ


小松姫は、真田信幸との婚姻シーン、沼田城を守るシーンと重要で印象的なシーンに事欠かない役どころです。

吉田羊さんの演技に注目したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

無事之雑記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ